アルファードの車検費用はオートバックスで安くなる!【金額提示】

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。


車検は高額な買い物です。

少しの手間をかけて
比較検討してみて損はないはずです。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

そのうえ、下記からエントリーすれば
2700ポイントももらえちゃいます。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

トヨタのアルファードの車検を少しでも安く受ける方法を調べてみました。

何も考えずにディラーで車検の予約をしてしまう前にいろいろと比べてみませんか?

車検は少しでも早めに予約をするとお得が多いです。

アルファードの車検を安心して安く受けるためのポイントを絞ってみました。

 

これからアルファードの車検が迫ってきている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アルファードの車検を安くする大切なこと

トヨタ・アルファードの⾞検を普段はどこに依頼していますか?

購入したディラーやガソリンスタンドなど身近なところでも車検は受付をしてくれます。

今回のアルファードの車検はいろいろな車検業者を比べてみましょう。

車検は点検整備とセットになっているケースがほとんどです。

それを考えると安かろう悪かろうではいけません。

どんなに安くても忘れてはいけない大切なことを列挙しました。

整備保証がしっかりしている工場を選ぼう

・整備費用と車検代行料の見積もりをもらって比べよう

 

・今すぐに必要ない部品交換については説明をしてくれる業者にしよう

整備士が常駐している工場で点検してもらおう・修理や部品交換が発生したら、社外品も選択できる業者にしよう

信頼ある有名な車検業者を探そう

上記であげたポイントはどれも大切です。

車検代行のみで整備をしないユーザー車検代行などもあります。

アルファードのような重量もあって大人数が乗ることが出来る車だからこそ安全第一優先です。

安くて安心できるおすすめ3つの車検


①オートバックス車検

・只今キャンペンで2,700ポイントがもらえます。
その他「お友だち割引」や「リピーター様割引」などがあります。

・日本最大級の車検ネットワーク・自動車整備士、3,700名以上 自動車検査員、1,600名以上 在籍

・「12ヵ月もしくは20,000km」の整備保証があり車検後も安心

・車検費用も現金だけでなく、クレジットカードやローンも選べる
(法定費用は除く)

・代車の用意もある

・安心3つ星補償が魅力的

オートバックス車検はこちら
https://www.autobacs.com/

②楽天⾞検

・大手カー用品店のオートバックスをはじめ、エネオスや出光なども選べる

・無料事前見積もりがとれる

・楽天スーパーポイントが3,000ポイントもらえるキャンペーン実施中

楽天⾞検はこちら
https://shaken.rakuten.co.jp/


③EPARK⾞検

・圧倒的な安さ 整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!
・安心 国家資格整備しが常駐している店舗だけ
どのプランでも法定24ヶ月点検付き
利用が初めての方なら5,000円のキャッシュバック実施中(7月16日まで)

EPARK⾞検はこちら
https://otakara-shaken.com/

スポンサーリンク

アルファード(トヨタ)の⾞検費⽤比較 ディラーと全国平均

アルファード(トヨタ)の⾞検費⽤の全国平均と内訳

アルファードの⾞検費⽤と内訳です。

アルファードは大型の区分になります。

アルファード⾞検費⽤の内訳
車検基本料⾦(※1) 19,080円
⾃賠責保険料 25,830円
重量税(※2) 32,800円
印紙代(※3) 1,200円
合計 78,910円

(※1)平均的な整備工場の料金例になります。地域に整備工場より差があります。参考程度にご確認ください。(※2)エコカー減税などの特別減税は計算に考慮されていません。(※3)陸運支局の代わりに車検を行うことが許可されている指定⼯場での料⾦です。認証⼯場の場合は印紙代が数百円高くなります。

アルファードの⾞検費⽤トヨタディーラー

ディーラーでアルファードの⾞検費用です。

アルファード⾞検費⽤の内訳
車検基本料⾦(※1) 50,760円
⾃賠責保険料 25,830円
重量税(※2) 32,800円
印紙代 1,200円
合計 110,590円

(※1)ディラーや地域により差があります。参考程度に確認してください。(※2)エコカー減税などの特別減税は計算に考慮されていません。

アルファードの車検費用の内訳のなかで全国平均とディラー車検費用を比べると法定費用は全国どのお店でも同額になります。

この合計金額の差は車検基本料金の差額になります。

差額は3万を超える金額です。

車検は整備をしないと合格しないことはありません。

最低限の安全が確保されていれば車検は合格します。

車検の重要な役割は重量税の納税と自賠責保険の加入の確認です。

アルファードの安全を担保する整備は法定24ヶ月点検といいます。

法定点検は、車が今後安心して運行できるように未然に点検整備をすることです。

エンジンやブレーキなど、全部で56項目の検査を行います。

車検が24ヶ月ごとなので点検も同時に行うのが一般的です。

ブレーキやパーキングブレーキの点検などブレーキ周りではブレーキパットの残量、足回りや各種ブーツやベルトの点検、ライトやマフラーなど多くの点検を行うのが24ヶ月点検です。

車検業者の中にはこの24ヶ月点検を行わない、つまり車検のみを代行する業者も存在します。

整備は自分で整備工場に改めて点検に出す必要があります。

ただ、24ヶ月点検と車検を同時に行う車検業者はディラーと全く同じ事を行います。

もちろん点検を行うのもプロの整備士です。

同じ作業なのにディラーの車検基本料金が高いのは「安心感」と「信頼感」です。

また、車検を受ける方がそれほど調べずに購入したディラーから車検のお知らせがくればそのまま車検を受けるケースも多くあります。

ディラー以外の車検業者や整備工場は信頼できないということは全くありません。

車検業者といってもオートバックスやエネオスなど普段からいつも使っているお店がたくさんあります。

こういった車検業者は大手であり、有名です。

ディラーと変わらない安心感と信頼感があります。

それだけでなく、ディラーに負けないようにいろいろな特典をつけてお得になっています。

車検基本料金も安く済むのであれば比較検討する余地は十分にあると言えます。

 大切なのは車検費用の内訳を理解して、しっかり比べることです。
スポンサーリンク

アルファードの車検代金は「法定費用」と「それ以外」

アルファードの車検を自分で陸運支局で行えば法定費用の59,830円だけで済みます。

車検費用は必ず払わなければいけない「法定費用」と「それ以外」の2つに分けられます。

法定費用とは法律で定められている税金や保険料です。

どこで車検を受けてもこの法定費用に差は出ません。

もし自分で車検を通してみたい方は別記事でお話しておりますので参考にしてみてください。

時間があればどうぞお読みください。

絶対に払わなくてはいけない法定費用は3つ
自動車重量税
自賠責保険料
印紙代(検査手数料)

自動車重量税とは国に収める税

新車でアルファードを購入されている方は購入時に3年分を払っていると思います。

あとは24ヶ月ごとに収める国税になります。

車両の「区分」「重量」「経過年数」によって税の金額が変わります。

平成31年4月30日まではエコカー減税がありますので減税や免税となっている車両もあります。

自賠責保険料は必ず入らなければいけない保険

自動車の所有者が強制的に入らなければいけない保険です。

そのために車検の制度を利用して加入確認をしています。

保険内容は対人のみになります。

 

印紙代(検査手数料)

陸運支局にて車検を受けるための手数料を印紙を購入して払います。

アルファードの⾞検の法定費用はこの3つの合計の59,830円になります。

 アルファードの車検費用は最低が59,830円で可能とも言えます。

アルファードの車検の法定費用以外の費用

アルファードの車検時にかかる法定費用の3つについてご説明しました。

法定費用以外の費用はどのようになっているのでしょうか。

法定費用以外は2つに区分されます。

「車検基本料金」と「整備費用」です。

整備費用については最後に説明します。

冒頭でご説明したアルファードの車検費用の内訳の差額は「車検基本料金」です。

車検基本料金は整備の有無にかかわらずその業者が決めた必ずかかる費用です。

この車検基本料金を更に分けると24ヶ月の法定点検費用と車検代行費用に分けることが出来ます。

24ヶ月法定点検と車検代行費用とは

車検を通過するための24ヶ月法定点検ではありません。

つまり点検整備なしでも車検は問題ありません。

後日しっかりと自分で整備工場に点検に出せばOKです。

車検は公道を走るための、最低限の保安基準に達しているかを確認することです。

アルファードに異常ない場合は24ヶ月点検をしなくても車検は合格します。

車検とこの24ヶ月点検をわかりやすく説明するとアルファードのブレーキパットの残量が1ミリしかなくてもブレーキが効けば車検は合格です。

逆に24ヶ月点検では交換を指摘されます。

なぜなら、車検後に乗るとブレーキパットがなくなり危険な状態になります。

24ヶ月の点検は車の故障を未然に防ぐために行われるものです。

また車検代行費用は車検を代わって行うための費用です。

車検を受けるべきなのはアルファードの所有者ですがこれを車検業者が代行しています。

 車検と24ヶ月点検は分けて考えましょう。

もし車検に合格するためにはこの部品を換えないとだめですと言われたら理由を確認しましょう。

整備費用とは

最初の相場を案内した説明の中には整備費用は含まれていません。

24ヶ月点検では56項目に渡って点検や調整をします。

この点検で問題が見つかれば車を運転する上で故障を未然に防ぐ意味合いから消耗部品の交換や故障している箇所の交換・調整します。

この整備費用でもディラーと整備工場や車検業者と大きな差が生まれます。

タイヤを例にあげます。

車検に合格するレベルのタイヤの溝が残っていたとします。

ただ24ヶ月点検のレベルでは交換をしたほうがいいと提案されることがあります。

タイヤを購入する際は、ディラーではなくオートウェイなどの通信販売で購入し近くのタイヤショップで交換してもらうほうが安くつくことが大いにあります。

AUTOWAY(オートウェイ)の公式ページはコチラから

ブレーキパットも車検と24ヶ月点検の基準は変わります。

例え交換するとしても交換する部品には純正品と社外品があり、社外品はかなり安く手に入ります。

社外品と聞くとなんとなく不安に感じる方もいらっしゃるかも知れませんがしっかりと安全性が担保されている部品です。

このようにディラーでの部品の交換には純正部品の交換を提案され、部品自体が高いケースがほとんどです。

また、ディラーでの工賃の時間単価は民間の車検整備工場に比べてかなり高い傾向にあります。

アルファードの法定費用はどこも同じであっても法定外費用である「車検基本料金」「整備費用」に差が出てくるということになります。

ディラーの車検が高い原因がここにあります。

ディラーとの差額を見てきましたが、他の車検業者で車検を受けるときも法定費用以外を見積もりでしっかり確認する必要があります。

かならず何社か見積もりをとって比較検討する必要があります。

その上で、どのような整備をするのか、なぜこの部品を交換する必要があるのかを確認します。

いまはネットで検索すれば情報は出てくるので少しの手間をかけてみましょう。

場合によってはネット上で安い部品を見つけて整備工場に持ち込むなんてことも可能かも知れません。

下記にEPARK⾞検の車検基本料金のランキングがあります。

車検を受けるお店や工場で車検基本料金は大きく代わってきます。

最初に提示した相場表には「整備費用」が含まれていません。

整備費用は車が古くなっていれば一番高い費用になる可能性があります。

「整備費用」が高ければ車検基本料金が安くても、結果車検が高くついてしまうことになります。

 大切なのが事前見積もりをすること。整備箇所について必要性の説明を受けましょう。

整備工場の中には過剰な整備を提案してくる工場もあります。

アルファードは部品で構成されています。

整備の必要性や限界の交換時期などをしっかり整備士に質問しましょう。

質問していけば自分にも知識がついてきます。

数社の見積もりをとれば理解しやすいです。

見積もりがあれば相対的に必要な部品の交換場所も特定しやすくなります。

EPARK⾞検の東京都の車検基本料金ランキングです。

東京都の車検基本料ランキング 店舗名エリア 車検基本料 1 マルダイオート株式会社 東京都あきる野市 9,166円 2 江古田S.S 東京都中野区 9,300円 3 元横山CS 東京都八王子市 9,300円 4 世田谷CS 東京都世田谷区 9,300円 5 府中CS 東京都府中市 9,300円 6 秋留台SS 東京都あきる野市 9,400円 7 亀戸S.S 東京都江東区 9,400円 8 高島平S.S 東京都板橋区 9,600円 9 Dr.DriveWE'LLヌクイSS 東京都練馬区 9,625円 10 東十条駅前SS 東京都北区 9,625円

引用:EPARK⾞検

車検の基本料金だけでもこれだけ変わってきます。

車検基本料金が安いからといって飛びついてはいけません。

整備代金など他にかかる費用を確認しましょう。

また、特典などを組み合わせると他にも安い車検基本料金の車検業者は見つかります。

アルファードの車検はオートバックス一押し

オートバックスは知名度もあり安心です。

おすすめできる理由のポイントを下記にまとめました。

自分以外の家族や子供、友人も同乗することのあるアルファードなら何よりきちんと整備状況を説明してくれることが大切です。

24ヶ月点検をしっかりしてくれることを最優先にして車検費用を含めて検討すべきです。

オートバックス車検のおすすめポイント
・只今キャンペンで2,700ポイントがもらえます。
その他「お友だち割引」や「リピーター様割引」などがあります。・日本最大級の車検ネットワーク・自動車整備士、3,700名以上 自動車検査員、1,600名以上 在籍・「12ヵ月もしくは20,000km」の整備保証があり車検後も安心・車検費用も現金だけでなく、クレジットカードやローンも選べる
(法定費用は除く)・代車の用意もある・安心3つ星補償が魅力的

ヴォクシー ⾞検費用

出典:オートバックス車検

オートバックス車検で初めて見積もりをとる業者に適しています。

見積もりをお願いしても車検は断ることが出来ますので安心してください。

 

オートバックス車検の見積もりを取るまで

お住まいの郵便番号を入力して、「車検ができる店舗を探す」をクリック

近くのオートバックスが一覧ででてきます。

「見積もりの申込みをする」のボタンをクリックします。

割引メニューのタブは必ず確認しましょう。

ヴォクシー ⾞検費用

出典:オートバックス車検

ここで楽天IDを入力します。

もしお持ちでなければそのままでも車検見積もりできますが楽天ポイントがつきません。

ヴォクシー ⾞検費用

出典:オートバックス車検

オートバックス車検では楽天ポイント2,700ポイントをプレゼントしています。

車検基本料金から2,700円を差し引いたらかなりお得な料金です。

オートバックスで最初の見積もりをしてみることをおすすめします。

見積もりしたら必ず車検を受けなければならないということではありません。

何度かお話しているように、何社かの見積もりを比較検討してから決めましょう。

オートバックス車検はこちら
https://www.autobacs.com/

どうしてもアルファードの⾞検費用(整備費用)が高い場合

車検費用の内訳が「法定費用」「車検基本料金」「整備費用」と解説しました。

整備費用は現状のアルファードの走行距離や使用頻度よって思った以上の整備代がかかる場合があるかも知れません。

今回は整備してあと2年は乗り通すのか、または買い換えるなどの選択も必要です。

アルファードは人気の衰えない車種です。

車検が切れても高い査定になる可能性があります。新しく資金を準備しなくても買い替えができるかも知れません。

車の買い換えにも車検費用と同様に、比較検討が大切です。

ディラーの下取りしてもらうにしても、買取会社数社で競わせて少しでも高い査定を手に入れてください。

下記は多くの買取会社が参加していて、かなり評判のいいサイトです。

アルファードの⾞検費用のまとめ

いかがでしたか?

今回はアルファードの⾞検費用を少しでも安くする方法についてお話してきました。

なにより大切なのは比較検討です。

車検費用は大きく変わります。

確かにディラーに丸投げするのは楽ちんですが、少しの手間で数万円は簡単に変わります。

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。


車検は高額な買い物です。

少しの手間をかけて
比較検討してみて損はないはずです。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

そのうえ、下記からエントリーすれば
2700ポイントももらえちゃいます。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

スポンサーリンク