スリップサイン 車検



車検を受ける前に、タイヤを覗いてみるとかなり溝が少ない・・。タイヤの溝はスリップサインで確認するとは言うけどどこで確認したらいいのか。

また、タイヤの溝がどれくらいあれば車検に合格できるのか、安全に走れるのかも同時に確認していきます。
そもそも何のためにタイヤに溝があるのか?必要なのか。
スタッドレスタイヤのタイヤの目安となるサインは2箇所あります。通常の使用方法と雪道での使用の限界です。
またタイヤは4本とも均等に減っていくわけではなりません。偏摩耗を防止する方法などもご紹介します。

それ以外の危険なタイヤとはなにかについても簡単に触れます。
最後にタイヤ交換するならディラーでお願いするか、大手カー用品店か、実はブリヂストンやダンロップ、ヨコハマタイヤといった有名メーカーでも激安でタイヤ交換できる方法をご紹介します。

スリップサインで車検が心配な方、安くタイヤ交換したい方にお役に立てれば幸いです。

 

 

スリップサインって何?車検で確認されるタイヤの溝は何のために?

タイヤの溝は雨の日に排水溝の役割をしています。雨が降っていると道路の表面は雨で薄っすらと覆われている状態です。もし溝がなければタイヤよ路面との間に水の膜が入り込みます。当然タイヤが路面に設置していないのでスリップしやすく危険です。ハイドロプレーニング現象」を起こしやすくなります。

テレビで見るレース用のマシンにもドライタイヤとウェットタイヤの2種類が用意されています。ドライタイヤには溝がありません。雨が降っていなければすべてのタイヤの面が路面と接触できるために逆に溝になっている部分が邪魔になります。溝をなくして路面との摩擦係数を増やしグリップ力を高めているのです。

逆にレース中でも雨が降れば、このウェットタイヤとの交換時期でレースの勝敗が決る場合があります。雨の中、溝のないタイヤでは路面からタイヤが浮いている状態でスピードが出せません。ただ、天気が回復し、路面が乾燥すればドライタイヤのほうが有利です。

このようにタイヤの溝は、雨が降っている時の水を排除して路面との設置を増やすためにあります。

 

スリップサインが車検の見極めではない?

新品タイヤから走行を繰り返していけば少しづつタイヤは摩耗していきます。タイヤが摩耗すればそれに伴って溝も浅くなります。新品タイヤの溝の深さは概ね8ミリ程度です。それが摩耗によって1.6ミリになるとスリップサインが出てきます。
スリップサインについては後ほどご説明します。

大切なのが4本とも同時にきれいに減っていくのではないと言うことです。車は曲がる止まる、走るによってタイヤの摩耗していきます。運転の方法や車両の特性によってタイヤの摩耗はそれぞれ変わってきます。

つまり、安全に車に乗るためには4本すべてのタイヤの溝を確認して、1本でも大きく摩耗していれば交換を検討すべきなのです。
車検の際は目視に寄る確認なのでそこまで厳密に確認しているわけではありません。目視の怪しい場合は正式に溝の深さを確認します。

その上で1.6ミリ以下ならば車検は通りません。

スリップサインってどんなマークでどこにあるの?

スリップサインはタイヤの溝の中にあります。タイヤ側面を確認すると三角のマークが1周で6ヵ所についています。その三角の先のタイヤの接地面にスリップサインがあります。下記の画像でご確認ください。

スリップサイン 車検

出典:AUTOWAY

スリップサインは法令で決まっている1.6ミリの深さで露出するようになっています。もしこのサインが出ているタイヤで車を運行した際は整備不良として交通違反になります。ちなみに普通車の反則金は9,000円です。

スリップサインが出てなくても車検が通らないひび割れしているタイヤ

タイヤの溝が残っていても、タイヤ側面に亀裂が入っていたり、タイヤの内部構造であるコードが露出していると車検が通らないことがあります。タイヤの変形はバーストなど起こす可能性もあり危険です。

 



スタットレスタイヤのサインは2種類ある

スタットレスタイヤは雪道を走るために開発されたタイヤです。使用限界を示すサインは2種類あります。1つ目が雪道での使用の限界です。2つ目は通常の雪道以外でのタイヤの寿命です。
雪道での限界であるサインはプラットフォームといいます 。これが出ているスタッドレスタイヤでの雪道走行は危険です。早めの交換が良いでしょう。ただ、プラットフォームが出ていたも夏タイヤとして使用することは可能です。夏タイヤとしての使用限界は先程と同様の1.6ミリです。もちろん同様にスリップサインもあります。

 

スリップサインだけでは見極められない偏摩耗を防ぐには

先程タイヤは4本均等に摩耗していくわけではないことに触れました。タイヤの内側だけ右側だけなどそれぞれの車両の特性や運転によって変わってきます。少しでも偏摩耗を防ぐにはタイヤのローテーションが必要です。ローテーションとは右のタイヤを左に履き替えたり、前後を換えたりとタイヤの設置している位置を変更することです。タイヤによっては前後の入れ替えはできない場合もあります。また、左右で位置が決まっているタイヤもありますので確認が必要です。

夏タイヤと冬タイヤの入れ替えの際に変えると良いでしょう。

 

スリップサインと車検のについてまとめ

いかがでしたか?

今回はスリップサインだけでなくタイヤの偏摩耗や溝の必要性などをご説明しました。
もし車検を受けるときにそのまま出せばディラーやカー用品店でタイヤ交換を提案されます。今はもっと安くタイヤ交換をする方法があります。ネット通販です。ただ、タイヤのような大きいものを通販といっても自宅に送られて、それを車に積み込んで近くの工場でタイヤ組み換え作業を依頼するのは面倒ですし、大変です。工場によっては持ち込みお断りや別料金発生のところもたくさんありました。

実はいまは、タイヤをネットで購入しそのまま近所のタイヤ組み換えが出来る工場に直送することができます。また、予約した日時にその工場にいけばすぐにタイヤ交換が完了します。その上、廃タイヤも処分してくれるので手間いらずです。

タイヤの価格もディラーはもとよりカー用品店と比べても有名ブランドでもあるブリヂストンやダンロップ、トーヨータイヤ、yokohamaタイヤなどもかなり安く売っています。また、海外製のタイヤもラインナップされておりそれらのタイヤは激安です。安全性もしっかり検査済みですので安心して使えます。

それはオートウェイというサイトになります。ぜひ、一度ご興味があれば確認してみてください。

AUTOWAY(オートウェイ)の公式ページ
https://www.autoway.jp/




最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク