コスモスマートビークルのデメリット・メリットを考えてみました。車を持とうと思った時に今までは新車で購入するか中古で購入するのどちらかでした。最近ではカーシェアという方法もありますが、毎日使うと考えるとコスト的に向きません。コスモスマートビーグルはいままで法人向けとされていたカーリースを手軽に個人でも活用できるようにしたカーリースです。

このページではコスモスマートビークルのデメリット・メリットを解説しています。今までカーリースを利用されたことの無い方であればデメリットやメリットを把握した上で利用すればコスモスマートビークルはとても便利なサービスです。

カーリースと聞くと法人での利用をイメージしやすいです。法人は車の諸経費を細かく計算することなくカーリースの経費をそのまま毎月計上できるメリットがあります。個人でも自動車を取得するための諸費用や自動車税や車検やオイル交換等を気にしないで乗れます。

自家用車のカーリースはマイカー所有に比べてどうなのでしょうか。今回、自家用車のマイカーリースとして「コスモスマートビークル」について、マイカー所有と比べてのデメリットや審査、メリットがある方などについて調べてみました。参考にしてもらえれば幸いです。

 

目次

スポンサーリンク

コスモスマートビークルのデメリットをピックアップ

自分でマイカーを購入することに比べ、コスモスマートビークルでカーリースをすることにはデメリットが幾つかあります。ここでは大きなポイントを挙げてみます。ただ、一般的なカーリースはマイカー購入と比べて同様のデメリットがあります。

自分の所有にはならない。残存価値の支払いで初めて所有にすることが出来る。
・自分で駐車場代を負担する必要がある
走行距離に制限あり
・マイカー所有のためのローンと比べてお得にならないことがある。
・事故などで車が使えなくなったとき解約金の負担
・原則的に解約はできない。
・自分の好きなように車をカスタムできない
・自己都合の解約の場合は解約金を払わなくてはいけない
・自賠責保険は加入済み・でも任意保険は?

このようにカーリースにはマイカー購入と比べてデメリットがある反面、頭金無しで気軽に新車に乗れることやメンテナンスや車検の費用を気にしなくて毎月定額の支払いであることがメリットになります。メリットについては後ほどご説明します。

コスモスマートビークルは自分のクルマにならない

コスモスマートビークルでどんなに長期契約して支払いを続けても自分の所有物にはなりません。所有者はリース会社で使用者として車検証に記載されます。契約終了後に買取の選択が出来ます。

駐車場代を負担する必要がある

クルマを気軽に利用する方法と言ったらカーシェアやレンタカーなどもあります。カーシェアもレンタカーも自分の駐車場は必要ありません。カーリースの場合は自分で駐車場を用意する必要があります。そのため、都心部での利用の場合はリース料金に駐車場代を加算した金額で考えなくてはいけません。

クルマの利用回数が少ない方であればレンタカーを利用したほうがお得になります。月にどれくらいクルマを利用するかを計算しましょう。買い物、子供の送り迎えなどで毎日の利用であってもカーシェアなどの短時間利用なども安く済む可能性があります。

走行距離に制限あり

コスモスマートビークルでは走行距離を契約時に選ぶことができます。どのようなカーリースでの走行距離制限があります。通常は1,000kmから2,000kmになりますが、コスモスマートビークルでは500kmから1,500kmまでを選択できます。そのため自分のクルマの利用にあった契約が選択できるのは便利ですね。

もちろんマイカーを購入しても走行距離が多くなればその分売却時の価値は下がるのでその点は同様と考えられます。

コスモスマートビークル デメリット

カーリースの金利はローンと比べて高い

一般的にカーリースの月額の設定で計算されるのが、リース終了後に残った車の価値を最初から引いてしまう残価設定です。新車価格から残価設定を引いた金額にその他の諸費用である自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検代、点検整備などのメンテナンス費用を合算してリース期間で割った金額が月々のリース料金になります。

ただ、これだけでは計算が足りずこれに金利が加算されます。金利とは借りたお金に対する利息で払う期間が長ければそれだけ金利の金額も大きくなります。通常の自動車ローンであれば総額を計算して少しでも安くするために頭金を多く入れたり、期間を短くしたりします。

カーリースの場合は、リース期間が終了したら車は返却するのが基本ですのでローンのように期間を短くすることは利用期間まで短くなってしまいます。マイカーを購入した際の自動車ローンと違うのが先程お話した税金やその他の諸費用に対しても金利がかかってくることです。

カーリースは自動車税や車検など突発的な出費がなく月額が固定で利用できるメリットがあるかわりに、この自動車税や車検費用、メンテナンス費用にも金利がかかってきます。つまり支払総額で考えれば現金一括で車を購入することが一番安く車を手に入れられます。

ただカーリースのメリットである月額が固定であることとデメリットである金利は表裏一体です。

コスモスマートビークルは原則的に解約はできない。解約金の負担

カーリースは途中で自由に解約が出来ないのが一般的です。コスモスマートビークルのWEBサイトにも下記のような記載があります。

コスモスマートビークル メリット デメリット
記載のある通り例外として、盗難や全損事故、自然災害などの止む得ない事情で自動車が使えなくなった時は中途解約となり解約金がかかります。解約金の額はケースによって変わってきますが、一般的には残月数のリース料金を一括で支払うことが必要になります。中途解約時の解約金はコスモスマートビークルを利用する上で大きなリスクです。

 

好きなように車をカスタムできない

コスモスマートビークルでリース契約をしても所有者はリース会社であるため自由なクルマのカスタムができません。もちろん自分で選んだカーナビなどを取り付けることは可能ですが返却時に原状回復(元にもどすこと)が必要になってきます。もし自分だけのカスタムをしたい方には向きません。

自己都合の解約の場合は解約金を払わなくてはいけない

原則的にコスモスマートビークルでは解約は出来ませんが、もしやむ得ない事情があっての解約の場合は解約金を払わなくてはいけません。解約金は残りのリース料金の残月から計算されるためかなりの高額になるケースがあります。

自賠責保険は加入済み・でも任意保険は?

自賠責保険は車検の時に必ず入らなければならない強制保険です。そのためコスモスマートビークルではリース料金に含まれています。ただ、自賠責保険で補償されるのは人身事故のみです。それも3,000万円まででどうしても足りない可能性があります。任意保険については自分で別に加入する必要が出てきます。

リース料金で計画をたてるときは必ず駐車場代と任意保険について調べておきましょう。コスモスマートビークルの任意保険については別の記事で纏めています。

スポンサーリンク

コスモスマートビークルの利用には審査が必ず必要

コスモスマートビークルを利用する流れは、下記のようになっています。契約の前に審査があります。

ご注文→審査申し込み→ご契約内容の確認→ご契約→車両登録→ご納車

コスモスマートビークルを利用するためには申込後に必ず審査があります。審査とは実際どんな形で行われるのでしょうか。理解しやすい考えでいえば、賃貸でマンションやアパートを借りている感覚でしょう。

車両の大家さん、つまりはオーナーさんがカーリースの会社になりその車をお借りする形です。賃貸でも定期的な収入があるかを審査すると同様に審査があります。

コスモスマートビークルの審査基準を一般的なカーリースの審査から想定

カーリースの審査とはどれくらい厳しいのか?

同様の審査というと車を購入する際のローンの審査や、キャッシングの際の審査、カードローンの審査などがあげられます。その中でも比較的高額の車の審査については厳しい傾向にありますが比較したいのが車のローンとの審査です。車のローンの審査とはカーリースのローンと違い、お金を直接貸すことになります。当然担保として車自体の所有権はローン会社にある分、車の経年劣化による減額分は頭金分の支払い済みの部分が担保となってます。

カーリースの場合は、通常はリース終了後に市場に売却したときの金額を想定して最初からひいいた金額の支払いになるため頭金なしの車のローンに比べてゆるくなる傾向にあります。

当然所有権もコスモスマートビークルにあり、使用にも制限がある上にメンテナンスなどもコスモスマートビークルがしっかりみています。ローンについては車自体が担保物件となり貸付金を担保してますが、メンテナンスが悪く車の状態が悪くなれば担保価値は下がります。そのリスクを貸付側は持っていますが、カーリースの場合はそのリスクは限定的です。コスモスマートビークル同様に頭金無しで同等の車を購入するに比べて、比較的甘くなるのは想像できます。

年収について

カーリースする車の支払総額によって変わってきます。総額が高ければより高い年収の証明が必要です。毎月のカーリースの料金を払えるかどうかが審査の基準になってきます。やすい軽自動車であっても、最低限200万円といったところが基準になってくるのが一般的です。ただ、それだけでなく年収が低くても持ち家や財産などの評価によって審査基準を満たすこともあります。

今までの債務の支払状況

個人の信用情報は今までの債務の支払状況の紹介をされます。クレジットカードの支払履歴などの信用情報や他に債務がどれだけあるかなどの情報から支払能力があるかどうかの判断になります。クレジットカードの滞納があって信用情報が傷ついたりしていると審査が厳しくなります。

勤務先や職業

公務員や正社員は比較的審査に通りやすい職業です。アルバイトや無職の方は本人で審査を通すのは難しいこともあります。個人事業主であって、赤字経営である場合も厳しいことがあります。ただ、そういった方であっても過去の借入金の返済に遅延がなかったり、CICでの情報が安心できるようであれば審査通過するケースもあります。

 

コスモスマートビークルの審査を通るために意識しておきたいこと5つ

コスモスマートビークルの審査で気をつけたいポイント
1)先程もお話しましたが年収が200万以下
2)自己破産から7年経っていない
3)CICと呼ばれる情報期間にブラックリストとして記載がある
4)他にも多くの借り入れがある
5)過去に返済などの遅延が多くある

担保のない借金の審査と違い、コスモスマートビークルの様なカーリースは担保物件として車両があります。担保のない審査よりも厳しさは軽減出来るはずです。しかしながら定期収入や債務の過去の履歴などは確認されて債務の支払いに事故があると厳しいのは変わりません。この様な場合は、連帯保証人を付けたり、コスモスマートビークルの場合は頭金として支払いもできるのでなるべく頭金を入れることにより審査を通過しやすくできるでしょう

たしかに、審査に落ちたら気分が悪いですよね。それでもダメならもっと安い車に変更するなど、妥協点を探すしかありません。

コスモスマートビークルの審査してもらわないと始まらない。

コスモスマートビークルの審査が特別他のカーリースより厳しいことはないでしょう。審査といっても前に落ちたから今回も審査が通らないということは御座いません。ローンと違い、審査通過を最終的に決めるのはリース会社であるコスモスマートビークルです。まずは申し込みをしてみて審査を受けてみるしか分かりません。審査に落ちるのは決して気持ちいいものではありません。

ただ、自分は大丈夫かなと思う方もやってみないとわからないのが事実です。もしコスモスマートビークルの中で興味のある車があれば申し込みをして審査に出してみるのがおすすめです。もし、審査に落ちるようなことがあれば先程申し上げた内容の中で審査に落ちないよう対策や方法を考えればいいと思います。

コスモスマートビークルのWEBサイトをみると幾つかの質問と回答がありました。

年齢制限はありますか?
契約満了時75歳未満とさせていただいております。
未成年でもリースはできますか?
その際親権者様の連帯保証が必要となります。
現在無職ですがリースはできますか?
ご家族等定期収入をお持ちの方に連帯保証人様になっていただくことで可能となります。

スポンサーリンク

コスモスマートビークルのメリットは?

・車の初期費用や頭金の準備がいらない。
車検や自動車税等、突発的な出費がない。
・確定申告をする方はリース料金を損金に計上。
メンテナンス費用もプランによってはコスモスマートビークルに任せられる。
・最初に残価設定を引いてあるので低い予算でよりよい車に乗れる。
・3年以降は自由に乗り換え可能
・新車を購入するときの値引き交渉がいらない

初期費用や頭金の準備がいらない。

コスモスマートビークルのメリットは初期費用がかからないことです。ローンで購入する場合は頭金が必要になってきます。それ以外にもクルマの登録費用や車庫証明、納車前整備費用や納車費用など必要な費用はかさみます。まず最初の資金が準備出来ない時に限ってクルマが故障したり、車検を迎えて買い替えになるケースもあります。

このような時にコスモスマートビークルのメリットである初期費用や頭金がいらないことは大きなメリットになります。

車検や自動車税等、突発的な出費がない。

クルマの購入費用以外に、毎年の自動車税や2年毎の車検費用などの出費があります。そのために事前に資金の準備をしておかなければなりません。コスモスマートビークルのゴールドプランならばすべてがリース料金に含まれているので毎月のリース料金以外に気にしなくていいことは大きな安心感です。

コスモスマートビークルの法人利用の場合は損金に計上

カーリースを法人で利用するメリットはどういった点があげられるでしょうか。社用車を何台か所有して管理していることと比較して考えてみます。

初期費用が安いことが挙げられます。通常の社用車購入を考えると頭金やまとまった費用が必要になってきますが、カーリースであれば月々の固定費であるリース料金に一元管理できます。資金調達や法人の信用などで黒字決算が必要な場合などは財務面でカーリースは有利です。

コスモスマートビークルのゴールドパックならば税金やメンテナンス費用などの諸費用もすべてリース料金で均一化されているため社用車にかかる経費の把握がラクになります。また、コスモ石油が一括して車両の購入にあたるので車購入の値引き交渉も有利に働き、リース料に還元されることで経費削減につながります。

自社で車両を管理する場合は、毎年の税金や車検のタイミング、メンテナンスの対応など1台づつの管理が必要になり手間がかかります。コスモスマートビークルなら車の管理コストは削減できますね。またカーリースは基本的に車両を資産計上せず、経費で年度ごとに形状が可能です。

メンテナンス費用もプランによってはコスモスマートビークルに任せられる。

車検以外にもオイル交換やタイヤ交換など定期的に交換しなくてはいけないクルマのパーツがあります。すべて自分で定期的に点検に出してパーツを交換するのが面倒な方はコスモスマートビークルならすべて任せることが出来ます。そのうえコスモ石油が運営するカーリースなので近くのコスモ石油で対応してもらえるのはかなり気楽です。

コスモスマートビークルでは365日営業しているコスモ石油でオイル交換やメンテナンスを受けることが可能です。ディラー系のカーリースと比べても窓口の多さと営業時間の自由度が高いことが特徴です。特にパンク修理など突発的に起こるトラブルもガソリンを入れるついでに対応してもらえるなどのメリットがあります。

低い予算でよりよい車に乗れる。

新車に乗るには例え5年後の乗り換えであっても全額を払うことが当然です。コスモスマートビークルでは5年後の買取額を事前に算定してその分を差し引いた上での月々のリース料になるので少ない予算で新車に乗ることができます。

3年以降は自由に乗り換え可能

コスモスマートビークルなら5年の契約でも3年たてば自由にクルマを乗り換えられます。生活環境が変わってクルマを乗り換えたいときも便利ですね。カーリースの中には90日以降乗り換え自由なカーリースもあります。ガリバーが運営するNORELです。ご興味があれば下記記事からどうぞ

コスモスマートビークルでは車種が多い

コスモスマートビークルでは準備されている車種以外にも取り寄せできます。多くの車種から選べるので好きなクルマを選択できます。

値引き交渉がいらない

自分で新車を購入する時はディラー担当者と競合車などを比較しながら値引き交渉が必要になってきます。あまり交渉が苦手な方もいるかもしれません。他より高く購入することになったら残念ですよね。コスモスマートビークルならばリース会社の多くの車両の仕入れによって値引き交渉もすべてコスモスマートビークルが行ってくれます。

現在、マイカーを所有していてコスモスマートビークルに変更を検討しているのであれば自分の愛車の価格は必ず調べておきましょう。

【番外】中古車で月額を安くできる可能性がある

WEBサイトを確認してみると、全て新車での見積もりしかできないような印象を受けます。インターネットでの申込はしておらず直接取扱店舗に問い合わせをする必要があるとのことです。中古車ならば支払総額を抑えて月額の支払いを少なく出来る可能性があります。

コスモスマートビークル メリット デメリット

コスモスマートビークルはデメリット・メリットのまとめ

いかがでしたか?
レンタカーとも違う、カーシェアリングとも違うもう一つの車を利用する方法のカーリースです。カーリースはもともとは法人向けのサービスでしたがメリットの理解が広がって個人向けのカーリースも増えてきています。コスモスマートビークルだけでなく他の個人向けカーリースも多くあります。

コスモスマートビークルは「コスモ石油が運営しているからこそ」のメリットがたくさんあります。特にメンテナンス等はコスモ石油の多くの拠点で受けることが出来るので便利ではないでしょうか。

まずは審査を受けてみないと始まりません。まずはどんなクルマがあるか確認してみましょう。

 

スポンサーリンク