コスモスマートビークルでリース契約が終わった後はどのような選択があるのでしょうか。カーリースは基本的にはクルマを借りているわけですので返すのが基本です。コスモスマートビークルでは返却以外の選択肢はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

コスモスマートビークルの契約終了時に選べる3つの選択

コスモスマートビークルの契約が終了した時点で3つの選択肢から自由に選ぶことができます。そのまま買取をして自分の車として乗り続ける、改めてリース契約を結ぶ、返却です。

借りているクルマでも買取をすれば自分のクルマになりますので売却も自由です。ただ、リース期間にもよりますが売却のために買取は無駄になります。基本的には新しく新車をリースしたほうがお得な金額になるケースが多くあります。

事前審査を受けてみる!!

 

「審査に落ちたらどうしよう」
「審査で何を見るのかな??」
「携帯電話代を払い忘れたけど・・」
「収入低いとダメ??」
こんな審査の悩みを抱えている方も

いると思います。

正確な審査の基準は受けてみないと
分かりません。

まずは事前審査をしてみることが大切です。

 

事前審査は特にお金もかかりません。
3日程度で回答ももらえます。

 

まずは「お試しの見積もり」
確認してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

コスモスマートビークルの契約中に返却できる?

コスモスマートビークルは契約機関中に解約できないのが原則です。やむ得ない事情があるときには担当窓口(カーライフコンシェルジュ)に相談することにより解約が可能になるケースもあるようです。これはコスモスマートビークルだけでなくカーリースは契約期間中は返却できないのが基本的です。

コスモスマートビークルでは解約できないおかげて月額料金が安く設定されている。

カーリースは長期に契約することで月額料金が安く設定されています。クルマの価値は新車から3年がもっとも下がりやすい期間だと言われています。この期間を超えたクルマの価値は下がりにくくなっていますので途中で返却されると月額料金の設定を高くしなけばなりません。カーリースの料金は契約期間が長ければ安くなる傾向にあります。契約期間全体での料金設定がされています。

カーリースの料金の合計は(車両購入費-残価設定)+税金・車検・メンテナンス諸費用+金利で計算されます。それぞれの内訳です。

車両購入費

リース契約に基づいてコスモスマートビークルで新車を仕入れします。仕入れコストが車両購入費です。

残価設定

カーリースのメリットでもありますが、すべての車両購入費をローンで分割払いと違い予め契約期間が終了した時点での車の価値を査定しておきます。その査定額を残価設定といいます。
車両購入費から残価設定を引いた金額をリース期間中払うことが基本です。予め残価設定があるので月々の料金は安く済むのがメリットです。

税金・車検・メンテナンス諸費用

コスモスマートビークルではいくつかのプランを用意して税金や車検、その他のメンテナンス費用などを負担してくれます。プランによってはこのような費用もすべて総額に含め月々の支払いに分けて計算しています。

金利

カーリースの利益構造の内、一番の利益が金利です。車を介した金融業ともいえるのがカーリースです。つまり年間で2%から7%の金利が計算され月々の料金設定になっています。ば自分のクルマになるのでその後は売却も自由です。ただ、改めて新車のリースをしたほうがお得になるケースが多いです。

 

スポンサーリンク

コスモスマートビークルの契約期間中に売却は可能?

コスモスマートビークルはカーリースなのでリース期間中の所有者はリース会社になります。リース期間終了後に買取をすることにより初めて自分の所有しているクルマになります。

そのため、リース期間中にクルマを売却することはできません。やむ得ない事情がある時は相談の上で解約金を払って解約するしか方法はありません。

 

コスモスマートビークルで買取はできる?売却や返却はのまとめ

いかがでしたでしょうか。

コスコスマートビークルでは契約期間中は解約ができない前提なので売却や返却はできません。またリース期間が終了したら買取もリースの再契約も可能です。コスモスマートビークルは初期費用がなく月額料金だけで車検や、自動車税の心配もなくクルマを利用することができます。(※ゴールドパック)

クルマの種類も豊富で新車の購入の際よくある値引き交渉も必要ありません。

 

スポンサーリンク