Ullo(ウーロ) メリット
愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、面倒な電話対応はしたくない」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をいつのまにか高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
面倒な買取業者との電話のやり取りなし
いつのまにか高額査定
これがUllo(ウーロ)です。

トヨタ(2011年式)ノアの例

下取りで提示された査定額から
なんと30万以上の提示に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。

Ullo(ウーロ)の評判の根拠となっているメリットについてまとめてみました。
自分の乗っていた愛車を売却する方法は、

・ディラーの下取りや車買取店への査定
・車一括査定サイトの利用
・業者間でオークション方式

などいろいろな方法がありました。

2018年3月に新しい愛車の売却方法Ullo(ウーロ)が誕生し更に便利になりました。
大切な車の売却を検討されている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Ullo(ウーロ)の評判をまとめると

  営業電話がないこと
事前に市場価格がわかること
買取決定後に値下げ交渉などないこと
手続きが不要なこと
手数料が無料で使えること
即日に売却も可能なこと

 

スポンサーリンク

Ullo(ウーロ) メリットは根本は売却の流れの違い

今までの車の売却方法とは違い、自分で車の売却価格を決めて欲しいと思った中古車販売店が直接購入申込みをすることが大きな違いです。

通常の中古車買取のながれと大きく異なります。

Ullo(ウーロ)以外の一般的な中古車の流れ

Ullo(ウーロ) メリット

出典:Ullo

 

上記の図からわかるように通常ならば買い取った車は一度オークションを通して中古販売店に並びます。
最終的に購入する5番の買う人と1番の車を売りたい人の差が②③④によって価格差が広がるのが特徴です。

 

下記の間に入っている業者の利益が上乗せされるのです。

・買取業者や自動車ディラー
・中古車オークション業者
・中古車販売店

 

もちろん一番効率的なのが①の車を売りたい人と⑤の買う人が直接やり取りできれば一番効率がいいのがわかると思います。

このような個人売買は主に、ヤフオクやメルカリ、ジモティーなどで活発に行われています。

ただ、どうしても大きな金額が動く車、トラブルも発生しているようです。

購入後の故障や、手続きの遅れなどによりトラブルは個人売買にはつきものでした。

こういったトラブルを防ぐためにも、やはり②買取業者や自動車ディラーや③中古車オークション業者の存在が必要です。

 

一方、中古車販売店の立場で上記の図を見てみると同様のことが言えます。

「安く車を仕入れて、高く売る」これが中古車販売店の仕事です。

安く仕入れるためには①の車を売りたい人から直接仕入れができれば一番いいのですが、①車を売りたい人と出会う手段を④の中古車販売店は持っていません。

そこで③のオークションなどを利用せざる得なかったのです。

①売りたい人④中古車販売店が一番効率よく出会い、マッチングする方法がUllo(ウーロ)になります。



Ullo(ウーロ)の中古車の流れを解説

上記の図と比べてみてください。
中古車買取店と業者間オークションがありません。

Ullo(ウーロ) メリット

出典:Ullo

 

中古車販売店が車を売りたい人から直接買取が出来るのです。

さきほど、中古車買取店は車を売りたい人と出会う手段を持っていないことを話しました。

この手段がUllo(ウーロ)が提供しているということになります。

 

 

これによってUllo(ウーロ)のメリットは・・

車を売りたい人からみたら
自分で売りたい値段を設定して中古車販売店にアピールできます。

中古車販売店も今までは車を売りたい人の上に重なっていた中間マージンがなくなった分売りたい人にお金を払うことができます。

 

スポンサーリンク

Ullo(ウーロ)は今までの車一括買取サイトにあったデメリットもない

1)営業電話がないこと個人情報も安心

車一括買取サイトに登録して数社の車買取店に査定を依頼すると、同時に査定日を決めるアポイントの電話がかかってくることに嫌気がさしている方もいるようです。

査定を申し込みしているのだから当たり前なんですが、最近は電話に出ることを嫌う時勢がら車を売る方にとってみるとあまりよろしくないようです。

また車一括買取サイトは個人情報を申し込みするすべての車買取店に開示します。この個人情報の開示についても不安の声があります。

 

ただ、Ullo(ウーロ)の場合はそもそも査定申し込みはしません。

つまり営業の電話がかかってくることもありません個人情報も売買が成立するまで中古車販売店に開示しないので安心です。

Ullo(ウーロ)には申し込みする時に開示はします。

 

2)自分の車の売却相場が事前にわかる

自分の資産価値が分かれば、もっと買い替えのタイミングを考えたりすることができます。

車一括買取サイトの利用者の中にはこのように自分の車の価値を知りたくて査定を受ける方もいるようです。

Ullo(ウーロ)ではわざわざ査定をしなくても、市場価格を的確に提示してくれます。

また、市場価格を先に知ることで間違って安く売却してしまうこともありません。

車一括買取サイトや買取店での売却交渉などは、相場観がある人や多くの査定を受けている人の交渉力で売却価格が変わってくることもあります。

つまり、あまり事前調査をしていない方や交渉が苦手な方は、安い売却価格、査定額になってしまう可能性があります。

Ullo(ウーロ)の場合はこのようなことが起きません。

3)買取価格が決まった後の値下げ交渉がない

 

第6条(現車確認及び個別のやりとり)
1)お客様は、現車確認時又はお客様と出品者との間の個別のやりとりにおいて、購入申入れをした車両に関する値段交渉を行うことはできません。

2)車両の引渡し及び代金支払いの方法及びタイミングは、現車確認時又は個別のやりとりによる出品者とお客様との間の協議により決定するものとします。当社は、現車確認には参加せず、車両の引渡し及び代金支払いの方法及びタイミングにつき、一切関与しません。但し、売買契約締結後、遅くとも7日以内に出品者に対して代金のお支払いをしていただくものとします。         Ullo利用規約から引用

 

上記は中古車販売店側の利用規約です。

車一括査定サイトでは査定額が決まり、車を引き上げた後に買取価格の引き下げを要望されることがあります。

Ullo(ウーロ)の場合は事前にしっかりと傷や過去の事故など記載しておけば現場での値下げ交渉はありません。

また売買契約から7日以内に代金は振り込まれます。



 

Ullo(ウーロ)と個人売買やオークション形式の買取との違い

1)手続きの手間がない

さきほどヤフオクやメルカリ、ジモティーなどの個人売買が一番買いたい人と売りたい人にとって効率がいいことをお話しました。

ただ、問題点は車の売買においてやらなければならない名義変更や自動車税の支払いなどトラブルが多いのも事実です。

このような名義変更で必要な車庫証明などもUllo(ウーロ)では中古車販売店が対応するので面倒がありません。

2)手数料が無料で使える

個人売買の場合はヤフオクやメルカリならば必ず手数料がかかります。

高い車ほど手数料も高額になります。
Ullo(ウーロ)では売りたい人の手数料はかかりません。

3)即日売却も可能

車を売り急いでいる方も、オークションに期日が無いために中古販売店が欲しいと思った金額であれば最速で即日の売却が可能です。

 

Ullo(ウーロ)での売却までの流れ

 

1)まず愛車の相場確認

Ullo(ウーロ)で市場価格がわかることは先程お話しました。

まずは自分の愛車の市場価格を確認してください。
入力項目は10個です。

車検証を準備しておくと便利ですがなくても車検の期限さえわかってれば問題ありません。

申込時の入力項目
車種名
年式
グレード
走行距離
車体の色
車検期限
郵便番号
氏名
電話番号
メールアドレス

2)出品登録

自分で売りたい金額を決めてフリマに出品します。

 

3)中古車販売店が立候補

買いたいと名乗りを上げる中古車販売店から購入希望が届きますので中古車販売店を決定します。

中古車販売店が購入の申し入れをした場合は7日以内に自分が指定する場所において車両の確認を行います。

 

4)車の引取

自宅まで運送業者が引取に来ます。



 

Ullo(ウーロ)のメリットや口コミのまとめ

 

いかがでしたか?

Ullo(ウーロ)は今までの車一括買取サイトや個人売買、また業者のみのオークション形式とは全く違った車の売却方法です。

今回はそのメリットについてお伝えしました。
自分の愛車をどのような価格で売りたいのかによって売却方法を選択する道がまた増えたことになります。

このページで向いている売り方をまとめてみます。

やはり、直に交渉が出来る車一括査定サイトは最高価格を出すには向いているサービスであることには代わりはありません。

 

 

とにかく1円でも高額で愛車を売りたい方

・主戦場はあくまで車一括買取サイトにおく。
・車一括買取サイトでうまく交渉が成立しないときのために、Ullo(ウーロ)で流れの様子を確認して判断材料にする。

このパターンでいけば自分の売りたい最高価格への市場へのアピールは出来ていることになります。

もし車一括査定サイトで希望する売却価格に届かなくても焦らずUllo(ウーロ)での反応を見守ることが出来ます。

しばらくしてまだ売却が決まらないようなら、相場から価格設定が間違っているか、売却時期の問題かを確認してみるのもよいでしょう。

見直す際に参考になるのが車一括査定で出てきた査定額が参考になります。

そのうえで、Ullo(ウーロ)の希望価格を見直しをする。

 

 

なるべく高く売りたいけど手間もかけたくない。交渉は苦手な方。

Ullo(ウーロ)を主体に売却を進めていきましょう。

理由は、市場価格を事前にしっかりと理解できるからです。

自分の希望する売却価格をUllo(ウーロ)に登録してしばらく様子をみます。

もし即日売却が希望ならば安く出すしかありませんが、そうでなければ様子見をしましょう。

一度出品を取り消して、ユーカーパックの業者に提示出来るオークションに参加します。

ユーカーパックも車一括査定サイトとは違い、窓口がユーカーパックだけなので営業電話がありません。詳しくは下記のランキングから確認できます。

 

愛車の売却価格はどうでもいい方

手間や時間を考えると一番スムーズなのが新しく車を購入するお店に下取りに出すことです。

新しく車を購入する人間関係も出来ていることから一番スムーズは売却ができます。

 

愛車の売却は人それぞれ

このようにご自身にあった売却方法を選んでみるのも方法です。愛車を高く売りたいのは誰しも変わらないと思います。

ただ、そこにかかる手間を考えると価値観も変わってくるかもしれません。

少しでも高く、そして手間なく愛車が売れることを願っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、面倒な電話対応はしたくない」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をいつのまにか高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
面倒な買取業者との電話のやり取りなし
いつのまにか高額査定
これがUllo(ウーロ)です。

トヨタ(2011年式)ノアの例

下取りで提示された査定額から
なんと30万以上の提示に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。
スポンサーリンク