ディーラー 下取り メリット
愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、買取店をいくつも回るのも面倒」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をさっと高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
大手買取店があなたの車を一括で査定
気が付けば高額査定
これがかんたん車査定ガイドです。

トヨタランドクルーザーの例で

下取りで提示された査定額から
なんと60万円以上の高額査定に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。
車の買い替えの時に愛車を下取りに出すか、車買取専門店に売るか迷われることも多いかと思います。

 

下取りは安く買い叩かれて、買取専門店なら少しでも高い査定がつくことがネットの中では常識になっています。

 

例え新車の購入であっても購入先にディラーに下取りに出さずに車買取店に売却してディラーで車を売るのが一番経済的に正しいと考えられています。

 

スポンサーリンク

ディラーでの下取りのメリットがないと決めつけるのは時期尚早

ディラーでも新車販売と同時に下取りからの売上も同様に考えるようになってきています。

 

下取りも車買取店も購入した車の流れは基本的に、業者間オークションを通して中古車販売業者に流れていきます。この業者間オークション情報はディーラーでも車買取専門店でも同様に確認ができるため査定の金額に差をつける理由がありません。

ディラーは新車の販売がメインの業務だから下取りからの利益は感心がないなどといったことはありません。

 

一般的に車買取店が高額査定になる理由は来店客の意識の問題が一番大きいところです。

 

ディーラーは新車の販売をしているところという意識から、現在乗っている愛車を少しでも高額で下取りしてもらうことよりも次の新車の車種やグレードの選定、オプションやローンの金利、最後にはおまけなどに意識がいきがちです。

 

買取店は明確に車を買い取ってもらいたい、少しでもお金に変えたい気持ちが来店動機なのでどうしても高額査定になると考えられます。

 

スポンサーリンク

ディラーでの下取りも買取店の査定もどちらがメリットが高いとは言い切れない。

車の下取りや売却を経済的観点からだけみた場合は、どちらが高額査定になるかなどは分かりません。

 

例えば、新車販売時にモデルチェンジ後の値引き額をあまり公にできない時期があります。

ただ、販売台数も確保していかなければいけない。販売台数が足りないからといって、1人のお客様に特別に大きな値引きをしてしまえば、話が簡単に広まってしまっても困ります。

 

こういった状況ではオプションや下取り車があればそれでカモフラージュする方法もとることができます。

ただお客様共通に喜んでもらえるオプションといっても限りがあります。

カーナビなどは最初から標準装備されていれば本当におまけ程度にしかなりません。

そういった状況の時に、業者間オークションの相場から確保する利益分を引いて想定してくところが利益を引かず相場そのもので下取り価格としてしまう場合もあります。

 

書面上では新車値引きは適正な価格で済んでいますので、もし値引き額が広まっても問題ありません。

 

それでも仮に下取りが高いと広まっても下取り相場は日々変化するものであり、同様の値引きのメリットを要求するお客様が現れたとしても、見積書に記された全く同じ車種、グレード、年式、走行距離、装備、程度になる中古車は存在しませんので対応も可能です。

つまり、下取りの経済的側面から見た時も新車買取とセットにした商談になる可能性があり、買取店が高い査定で下取りが買い叩かれるなどということはありません。結局、下取りも買取店もどちらも時期やタイミングで査定額は変動するということです。

 

それでは、新車購入時に下取りしてもらうメリットは他になにがあるでしょうか。今度は経済的側面以外から考えたいと思います。

 

スポンサーリンク

ディラーの下取りの経済的以外のメリット

大きなポイントとして、新車購入の手続きも今までの愛車の処分も1人の担当者がついて最後まで対応してもらえることになります。

 

車の購入や売却には単なる個人情報以上の書類である印鑑証明書や実印をついた書類を預ける必要が出てきます。それを信頼できるディラーの1人の担当者に預けることなら安心感もあると思います。
また、新車の納車時は家まで届けてくれる納車費用が見積もりに入っている場合もありますが下取りであれば古い車でそのままディラーに行き乗り換えるだけなのでこの納車費用も必要ありません。

 

もし買取店ならば、都合よく売却日時を納車日に合わせたとしてもディラーまで車を別の方法で取りに行くか納車費用を払って届けてもらうことになります。

 

何より下取りのメリットは、ディラーの担当者と色々とやり取りが発生し、そこからお金だけでなく信頼関係が生まれてくることが一番だと考えます。車の購入は、その時点からアフターフォローなどが必要になるものです。

 

一番頼りになる、またディラーの担当者もそこからつながる長いお客様でいていただきたい、ご紹介もできれば承りたいと考えればコストとは関係なく真摯にアフターフォローなどをしてもらえる可能性がより高まります。

これらがディラーの下取りの大きなメリットと言えます。

 

何よりも自分の愛車を高く売りたいと考えている方へ

先にお話しましたが、経済的に高い査定だけを考えれば、今は車買取だけでなく個人売買も可能です。

 

一番自分の車を高額に売却したければ中間業者の利益を省いた買いたいと考えている人に直接販売するのが一番です。20年ほど前ならば、まだ雑誌の買いたい人、売りたい人などの投書欄でのやり取りで数も少なく買いたい人を見つけるのは難易度が高かったです。

ところが今ならばヤフオクやメルカリなど簡単に直接買いたい人を探せます。また、中古車取引の安全性を考えた時にそれを間に入ってスムーズなやり取りがで出来るサービスも増えてきました。

ただ、個人売買は手間もドラブルの可能性も買取店に比べれば大きいです。

 

最終的には手間をかけてまで高く売りたいか、高額査定の差額がどれくらいかを見定めて差額が1万円もいかないようであれば一番手間やトラブルの可能性が少ないほうがいいかもしれません。

手間のかかる順で言えば 個人売買>買取業者を数社回る>ディラーの下取りとなります。

ディラーの下取りは車買取専門店1社で買取額を決めることと比べるとディラーの下取りにメリットがあると考えます。

 

ただ、いま数がかなり増えている車買取店を数社一括で見積もりが取れる車の一括買取サイトでは競争原理が働いて、先程お話した新型車の値引きがこんなんで下取り車で対応するなど限定的な場合を省いて、多くの場合で下取りよりも高額査定がでる可能性が高くなります。

 

ですので、下取りに出すと考えられている方も事前に一括見積でおおまかな相場観を持っておくことが大切です。もしディラーで下取りの価格がいままでお話したディラーでの下取りのメリットと比較して及ばない場合は、「知り合いに譲ることになった」ということで買取店に売却することも可能です。

 

ディラーでの下取りのまとめ

いかがでしたか。ディラーでの下取りのメリットは高額査定だけにおいても買取店に負けることが決まっているわけではなく、タイミングなどにより何とも言えません。
経済的なこと以外のメリットはディラーの下取りにはたくさんあります。
ただ、そのメリットも査定の差額によっては経済的メリットを優先すべきかもしれません。

ディラーの下取りのメリットを理解しつつ、現在の愛車の価値もしっかりと事前に把握しておくことは大切だと考えます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、買取店をいくつも回るのも面倒」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をさっと高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
大手買取店があなたの車を一括で査定
気が付けば高額査定
これがかんたん車査定ガイドです。

トヨタランドクルーザーの例で

下取りで提示された査定額から
なんと60万円以上の高額査定に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。
スポンサーリンク