車検 切れる前に 売る

そろそろ車の買い替えの時期かなと思いつつ、車検が近くなってきた。なんてこともあります。

次の車検を通してから車を売るべきか。
それとも思い切って車検前に?
または、車検が切れた後にそのまま売るか。

おおきく3通りの方法があります。果たしてどれが一番効率的で高く売却できるのでしょうか。

今回は車検が切れる前に車を売ったほうがいい理由を考えてみました。
これから車を売ろうと思うけど、車検はどうしたらいいか考えている方の参考になれば幸いです。

まだ車の売却に迷いがあるのであれば、一度愛車の査定をして売れる値段を知ってから車検との比較をすることをおすすめします。

車検が切れた後の車の移動は?

車を下取りや売却する際にディラーや買取店に持っていくことがあります。また、自分の駐車場まで車を査定しに来てもらうこともあります。どちらにせよ、車検が切れた車はどの様に移動するのでしょうか。

車検切れの状態の車は、車検がないだけでなく自賠責保険も切れている可能性が高くあります。それぞれに罰金刑や懲役刑もあるような違反にあたります。車検切れの状態では車を自分で走らせることはできません。そこで思いつくのが故障したときなどにロードサービスを頼むようにレッカー車で牽引してもらうことは出来るのでしょうか。

この場合でも、車検切れの車のタイヤが地面と接触して動いている状態では先程お話した車検切れの車を自走している状態と同じとみなされます。つまり、レッカー車での移動はできません。そのためには、車を積載車に積んで移動させる必要があります。トラックに車を積み込めば、車検切れの車のタイヤが地面と接することなく移動できます。ただ、積載車の手配や料金はかなり高額です。一般的に基本料金で2万円前後の上、距離料金が別にかかってきますので近くても数万円の出費を考慮しなくてはいけません。

一番いい方法は仮ナンバーになります。仮ナンバーは役所で運転免許証、自賠責保険証、車検証、印鑑をもっていけば取得することが出来ます。ただ、運行できる範囲は今駐車している位置から最短の陸運支局までの道のりです。この仮ナンバーを取得するためには最低その期間の自賠責保険に加入していなければなりません。前回の車検時に1ヶ月余分に自賠責保険に加入しているケースが多いので車検切れすぐであれば問題ありません。一度自賠責保険証を確認してみて下さい。

ただ、この仮ナンバーを取得しても自由に公道は走れません。あくまで陸運支局までの最短距離になります。つまり、自分の車を少しでも高く売ろうと買取店を回ったりすることはできないのです。

これはもし買取業者が自分の駐車場で査定を行って、売却が決まった時も同様です。基本的には積載車を手配して移動させることになります。これには当然、手配や費用がかかり査定からの減額になってしまいます。この様な手間を避けるためにも車検切れとなる前に売却が完了していることが望ましいです。

もし車検切れで車検を通すことを考えるなら・・

 

 

車検切れでも買取店は専門若しくは提携の整備工場がある

先程は車検切れの車の移動についてお話しました。そこで車検切れになる前に売却できることが望ましいことにも触れました。では、逆に車検を通してからゆっくりと売却する方法はどうなのでしょうか。車を売却した後も、中古車として売るならば車検はあったほうがいいと感じますよね。

ただ、中古車の流通から、いつ次の所有者が決まるか分かりません。その間も車検があれば経過していきます。実際売れるときには車検が短くなっています。これはもったいないですよね。車検切れの車は車検切れのままの販売で、購入時に車検をとおして車検付きとして販売しています。この方が購入する側も車検期間が丸々2年間残っていますので安心です。

また、車検にかかる費用は自動車重量税や自賠責保険、印紙代になります。車の重量によって重量税は変わってきます。自賠責保険は普通車であれば25,830円で印紙代は1,800円になります。

 

それ以外に整備代金になってきます。ディラーや車買取店は自前の整備工場を持っていたり、提携している工場があるのでこの整備代金も安く済みます。もし売却前に自分で車検を通しても自動車重量税や自賠責保険料、印紙代は変わらなくても整備代が高くつく可能性があります。

もちろん車検が通っている方が査定額は高くなります。ただ、自分で払った車検代金以上に査定が高くなることはありません。それであれば、車の売却が決まっていたら車検を通す前に売却をしたほうがお得になります。

車検が切れる前に車は売るべし!まとめ

いかがでしたか?
車検が切れる前に車を売ったほうがいい理由はご理解いただけましたでしょうか。もちろん、買い替えのタイミングはそれぞれでまだ新しい車を見つけていなかったり、事情があって売却のタイミングと車検が合わないこともあるかもしれません。

そのような特別な事情がなければ車検の時期を確認してそれまでに売却することを考えたほうがお得になります。最後に車を売却するならオススメのランキングをご紹介して終わりにします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

愛車を売却するならランキング

UcarPAC(ユーカーパック)

ユーカーパックは車一括査定ではない!業者間同士で競り落とすオークション。
  • 車買取業者同士でオークション形式
  • 最大2000社以上の車買取業者からオークションにて査定額を提示
  • すべての窓口が運営元なので電話は1本のみ
  • 下取りと車一括査定サイトの中間の手間
少しでも高く車を売りたいけど手間も極力減らしたい方
交渉が面倒で時間も取りたくない方

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携企業数が多いのが特徴。カーセンサーは500社と頭一つ抜きに出ているというか圧倒的
  • 提携業者数が500社と他を圧倒
  • 最大見積もりも30社
  • 運営会社もリクルート

数多くの買取業者と交渉して少しでも高く愛車を売りたい方にはおすすめです。またカーセンサーは昔から中古車販売雑誌があり知名度があるので安心して利用できます。運営会社もリクルートです。

備考欄があるのでメール連絡希望と記入することができます。電話をかけてもらう時間指定も可能ですのでご自身の都合のいい時間帯を指定することができます。

売却価格に努力を惜しまない方や交渉が好きな方などにおすすめできます。 しっかり手間をかければ買取業者の数も多いので最高額を引き出せる可能性が一番高いです。

 

カービュー
なにより「トヨタT-up」と提携していることは心強い
  • 車一括買取サイトを始めたのがカービュー
  • みんカラ(みんなのカーライフ)など車情報サイトとしても質が高い
  • 「トヨタT-up」は大手ながら他の車一括査定サイトには参加していません。
ヤフーが運営する老舗サイトです。車一括買取サイトを始めたのがカービューです。運営歴で言えば一番長いので安心です。 なにより「トヨタT-up」と提携していることは心強いでしょう。「トヨタT-up」は大手ながら他の車一括査定サイトには参加していません。
「くうまたかし」という姉妹サイトがあります。こちらも広告効果の測定のためでありサービスなように変わりはありません。

 

スポンサーリンク