車 エアコン 修理 料金

車のエアコン、特に冷房が暑い季節に効かなくなるとかなり辛い運転になります。

他の故障に比べて車のエアコンは特に緊急性を要する修理になってきます。

運転の安全面には直接関わりがないとはいっても真夏の車内は窓を開けていてもかなりの温度になります。

今回は車のエアコン(冷房)が故障した時の修理代について調べてみました。

もし、今現在エアコンが故障していて困っている方、大雑把な修理代を知りたい方、高額な修理代に頭を抱えている方がいらっしゃったら参考にしていただけた幸いです。

スポンサーリンク

車のエアコンなぜ壊れる??


冷房と暖房では仕組みが違います。

今回は冷房の機能について簡単にお話します。

車の冷房の仕組みは暖房と違い複雑です。

気体を強い力で圧縮すると液体になります。

液体になった状態で温度を上げると、再度気体に戻ります。この時に周りの熱を奪っていく作用を利用しています。

露天風呂で温まったのに外に出ると急に寒くなりますよね。

そして体を拭くと寒さが和らぎます。

体についている水滴が気化して体温を奪っているからです。

ですから、雨にあたったときなどは早く体を拭かないと体温を奪われて風邪を引いてしまいます。

同様の原理で、水の代わりにエアコンガスが使われています。

エアコンガスを強い力で圧縮します。この装置をコンプレッサーと呼びます。

このコンプレッサーで圧縮されるとエアコンガス(気体)が半分程度液体に変わります。

半液体状態のエアコンガスは次の工程であるコンデンサーへと進みます。

コンデンサーは見た目はほぼラジエターです。

そこでファンや走行風があたることで半液体状態だったエアコンガスは液体にかわります。

続いてレシーバータンクで水分を取り除かれます。

そのままエキスパンションバルブで小さな穴から液体になっているエアコンガスを霧吹きのとても強い感じで気化させます。

さきほどお話した露天風呂の話のように液体から気体に変わったことにより周りの熱を奪い、一気に冷たいガスとなります。

そのエアコンガスを車内にあるエバポレーターへ通します。

エバポレーターはかなり冷やされいるために車内の湿気を水滴に換えて車外に出します。

夏に氷を入れたグラスに水滴がたくさんつくのと一緒です。

これで車内の湿度も下げます。

これにファンを回すことによって冷えた空気を車内に送り込みます。

エバポレーターを通過したら、最初のコンプレッサーへとエアコンガスは戻ります。この繰り返しです。

スポンサーリンク

車のエアコンの修理の料金はどれくらい?


さきほど車のエアコンの仕組みについてお話しました。

ここに出てきた部品のどれかが壊れていてもエアコンは効かなくなります。

エアコンの修理は通常の車の整備士の知識の範疇ではなく電装の専門家の担当です。

ディラーで修理をお願いしてもそのまま外注になります。

車のエアコンの修理はまず場所を特定するだけで点検料がかかります。

普通の故障の場合は点検料などがないのに不思議に感じるかもしれません。

車のエアコンの修理の場合には色のついた特殊なエアコンガスを一旦いれて漏れている場所を特定することから始めます。

このエアコンガスが1回で7,000円近くかかります。

分からなければ2回試すともちろん倍になります。

故障箇所を特定した上で修理になります。

ただ、エアコンは複雑な仕組みのためにまるごと交換になるケースもあります。

場所を特定してそこだけ修理してもまた故障するケースがあるからです。

そのため、修理代が15万円から25万円程度の見積もりが出てくることを想像しておいてもおかしくありません。

もし場所を特定できて交換した場合は、エアコンガスの補充だけでしたら5,000円ぐらいです。

エバポレーターやコンプレッサーの交換でしたら10万以下でおさまります。

ただ、この様に特定の部分だけの修理の場合はまたエアコンが効かなくなる可能性も残っています。

私はある程度のリスクを承知してエバポレーターのみの交換をしました。

問題なくその後は使えましたが翌年には車を乗り換えてしまったため数年大丈夫だったかは分かりません。

そのため、まるごと交換を提案する整備工場も多くあります。

もちろんまるごとの交換のほうが安心感があります。

ただ、予算も考えなくてはいけません。

エアコンの修理の場合は、修理工場を回って車を見せて修理代を聞くことができません。

さきほどお話したように、エアコンガスを入れて修理箇所を確認する必要があるからです。

少しでも安くとお考えになるのであれば、一度点検してもらいそこでもらった見積もりを元に何社かの整備工場を回ることを検討してみて下さい。

もしかしたら安く修理をしてくれる整備工場がみつかるかもしれません。

また、修理をするのときもできれば新品部品ではなく中古部品を使って欲しい事をお伝えしてみて下さい。

もしなかったり高ければ、ヤフオクなどでも整備がされた中古部品はたくさん出品されています。

車 エアコン 修理 料金

 

この様に中古部品をつかってもらうことによって安くなる可能性があります。

ただ、修理工場や電装屋では断られることもあるかもしれせん。

その場合は他の修理工場を探していくしかありません。

車の整備工場などを調べるときに、ネットで検索して探していくのも時間がかかります。特に小さな整備工場ではWEBサイトを持っていない工場もあります。

おすすめしたいのGooPit(グーピット)です。

中古車探しで有名なグーが提供している自動車整備工場検索サイトです。車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などがができる修理・整備工場をお近くから探すことができるサービスとなっております。

さきほどお話したネットで中古部品を買ってその整備工場に直送も対応しています。

問い合わせは完全無料です。複数の整備工場に問い合わせすることも簡単です。

整備工場の見積もりを1社から入手できれば故障箇所の特定もできます。

まずは1社から見積もりをもらって、それを軸にメールで「オーバーヒートの修理をお願いします。交換部品は◯◯です。いつ頃修理可能ですか?お見積りもいただけると助かります。」電話で問い合わせすると時間もかかりますので、近くの整備工場5社ぐらいにメールで一気に問い合わせします。

おすすめしますのでご興味のある方は覗いてみて下さい。

 

スポンサーリンク

車のエアコンの修理の料金のまとめ


いかがでしたか。

車のエアコンの仕組みと修理代金について触れてきました。

実際のエアコンの修理代金は高い場合は25万円程度の見積もりも出てきます。

そこですぐに決断せずにしっかりと検討して下さい。

ただ、暑い夏を一日でも早くエアコンを直したいと考える方もいるかも知れません。

どちらにせよ、エアコンの修理代は車の修理代の中でも高額の部類です。

車は買い換えるよりも修理しながら長く乗ったほうがお得なことが多いです。

この様な修理代をどこまで安くさせるかが肝になってきます。

それには手間も時間もかかります。

もしそういった手間をかける時間がない方やエアコンをいち早く効かせたいのであれば中古車で乗り換えることも検討しておいて無駄ではないかもしれません。

冬であれば中古車のエアコンの確認も難しいですが、気温が暑い時期であればエアコンの故障に直ぐに気がつくことも出来ます。

エアコンの修理を検討したり、見積もりをとっている間に中古車探しをプロに任せて条件にあう車が見つかったら連絡をもらえるようにしておけば手間もかかりません。

それはズバット車販売で可能です。

中古車探しも普通ならばネットの情報で検索すると思いますがネットに出ている情報はごく一部です。

中古車は毎日生まれてきます。

既に公開されている情報は仕入れて整備が終わって販売できる状態で販売店が広告費を払って掲載しています。

公開されていない情報のなかに、本当に安くていい車もたくさん眠っています。

これら公開前の中古車や非公開の中古車は、公開されることなく直接お得意様などに流れることも多くあります。

ズバット車販売ではこの非公開情報からもプロが中古車を探してきてくれます。

もちろん無料です。気に入った中古車に出会わなければ購入する必要もありません。

また自分でネットで探せばいいだけです。

ズバット車販売はかなりオススメ出来るのでもしご興味がありましたら下のボタンからどうぞ

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク