ノート 車検費用

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。


車検は高額な買い物です。

少しの手間をかけて
比較検討してみて損はないはずです。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

そのうえ、下記からエントリーすれば
2700ポイントももらえちゃいます。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

ノートの車検費用をより安くするために色々と考えました。

車検費用は2年に一回かかる大きな出費です。

車検費用を安くするためにも、基礎的な車検の法定費用や整備すべきポイント、提案を受けたときの質問を考えなくてはいけません。

車検専門業者や大手カー用品店、ガソリンスタンドでも車検を受け付けています。

ディラー以外の車検業者の内情や車検費用を抑えるポイントを知っておいても無駄になることはないでしょう。

ノートの車検費用の相場やディラーの相場、整備をするときに安くするノウハウ、自分で車検を通す方法などを記事にしました。

ノートの車検が安くならないかお悩みの方に参考になればと思います。

スポンサーリンク

ノートの車検業者を選ぶポイント

ノートに限らず大切な愛車を預けて整備してもらうにあたって大切なことをあげてみました。

ディラーには新車購入したからにとっては担当者がいて安心だと思います。

実はディラー以外の車検専門店もしっかりと整備をして少しでも安くなるように努力しています。

ただこのポイントは外してはいけないと思い箇条書きにしました。

・車検費用のうち、車検基本料金は安いところを選ぼう

・整備に必要な費用と過剰整備を部品交換が発生する場合には、説明がしっかりしているところ

・故障箇所の整備保証を明示している

・日常から名前を知っている有名なお店

・部品を安く幅広く仕入れられるお店

経験豊かな整備士がいる工場

車検だけを通す代行業者もあります。

安く済ませるにはユーザー車検代行の選択になります。

ただ、整備は車検を通す最低限のみです。

車検と整備は違います。

ノートを長く安心して乗れるようにメンテナンスや整備は大事ですね。

上記に挙げたポイントを抑えた車検専門店ならばディラーの車検の信頼と安心は変わりません。

安くて安心できるおすすめ3つの車検


①オートバックス車検

・只今キャンペンで2,700ポイントがもらえます。
その他「お友だち割引」や「リピーター様割引」などがあります。

・日本最大級の車検ネットワーク・自動車整備士、3,700名以上 自動車検査員、1,600名以上 在籍

・「12ヵ月もしくは20,000km」の整備保証があり車検後も安心

・車検費用も現金だけでなく、クレジットカードやローンも選べる
(法定費用は除く)

・代車の用意もある

・安心3つ星補償が魅力的

オートバックス車検はこちら
https://www.autobacs.com/

②楽天⾞検

・大手カー用品店のオートバックスをはじめ、エネオスや出光なども選べる

・無料事前見積もりがとれる

・楽天スーパーポイントが3,000ポイントもらえるキャンペーン実施中

楽天⾞検はこちら
https://shaken.rakuten.co.jp/


③EPARK⾞検

・圧倒的な安さ 整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!
・安心 国家資格整備しが常駐している店舗だけ
どのプランでも法定24ヶ月点検付き
利用が初めての方なら5,000円のキャッシュバック実施中(7月16日まで)

EPARK⾞検はこちら
https://otakara-shaken.com/

スポンサーリンク

ノートの⾞検費⽤比較 ディラーと全国平均

ノートの⾞検費⽤の全国平均と内訳

ノートの⾞検費⽤の内訳と全国平均の金額です。

ノートは中型乗用車の区分の料金になります。

ノート⾞検費⽤の内訳
車検基本料⾦(※1) 18,330円
⾃賠責保険料 25,830円
重量税(※2)24,600円
印紙代(※3) 1,200円
合計 69,960円

(※1)平均的な整備工場の料金例になります。地域に整備工場より差があります。参考程度にご確認ください。(※2)エコカー減税などの特別減税は計算に考慮されていません。(※3)陸運支局の代わりに車検を行うことが許可されている指定⼯場での料⾦です。認証⼯場の場合は印紙代が数百円高くなります。

 

ノートの⾞検費⽤ ディーラーの場合

ディーラーでノートの⾞検費用です。

ノート⾞検費⽤の内訳
車検基本料⾦(※1) 38,080円
⾃賠責保険料 25,830円
重量税(※2) 24,600円
印紙代 1,200円
合計 89,710

(※1)ディラーや地域により差があります。参考程度に確認してください。(※2)エコカー減税などの特別減税は計算に考慮されていません。

合計金額の差額は車検基本料金の2万円ほどになります。

ディラーと全国平均のノートの車検費用の内訳をみてみると法定費用はどちらも同じ金額です。

法定費用は後ほど詳しく解説しますがどこで車検を受けても一緒です。

 

車検の整備は正確に言うと法定24ヶ月点検です。

法定24ヶ月点検をしなくても、車検は合格します。

24ヶ月点検は56項目の箇所を確認、調整します。

 

これはノートが今後も故障なく運行できるように点検整備をすることです。

車検は重量税の納税することや自賠責保険の加入確認が通過のポイントだと言えます。

同時に24ヶ月点検と車検を行うことがほとんどです。

ブレーキ周りやライトやマフラー、足回りの各種ブーツやベルトの点検、などを確認、調整します。

勘違いしやすいのですが、24ヶ月点検をせずに車検にだしても全く問題ありません。

 

車検代行業のみを行う業者もあります。

ノート車検を安くする方法だけを考えればユーザー車検代行が一番安くなりますが、安心してその後もノートにのると考えるとここではおすすめしません。

車検のみを代行するすることです。かかる費用も基本的には法定費用と代行費用だけです。

それ以外は車検にどうしても通すための最低限の部品交換です。

 

安心して今後も乗るのであれば整備は自分で改めて手配しなくてはいけません。

今回ご紹介する車検業者は24ヶ月点検を車検と同時に実施する業者だけに絞ります。

大切なポイントですが、24ヶ月点検の点検箇所は決まっていますので、ディラーと全く点検整備になります。

全く同じであっても料金設定が異なるのは「安心感」と絶大な「信頼感」と改めて探す手間がないことです。

 

車検はディラーで受けるべきものと考えられている方もいると思いますし、車検のお知らせの葉書でディラーに予約をしているかも知れません。

今回ご紹介している車検業者はオートバックスやENEOS、ガソリンスタンドの宇佐美石油、カー用品店などいつも利用しているところもたくさんあります。

 

このような車検業者は車に対する知識も豊富なことや、車の部品が安く手に入ることがあります。

このような車検業者もディラーに車検獲得数を少しでも負けないように企業努力をしています。

車検基本料金を安くしたり整備代をお得にしています。

 

 

ディラーであっても車検を自社内ではなく外注しているケースもあります。

ディラーに車検に出したつもりが実際の整備は同じところで金額だけが違うなんてこともあり得ます。

つまり安心安全を優先した上で車検に出すお店を検討する余地は十分にあるということになります。

 料金だけでなく、最初にポイントをお伝えしたことを踏まえて車検をどこにお願いするかをきちんと見極めることが大切です。比べることで車検費用は安くなります。
スポンサーリンク

ノートの車検代金は実は51,630円

さきほどのディラーの車検費用よりずいぶんと安い金額を提示しました。

実は車検費用の最低限がこの費用です。

これを法定費用といいます。

つまり車検費用は「法定費用」とそれ以外の諸々の費用に大きく大別できます。

自分で車検を通す方も増えてきています。

ユーザー車検は思っている以上に簡単です。

通常、朝に陸運支局にいけば昼には車検を合格して戻ってこれる程度に簡単です。

その上費用も法定費用だけです。

 

車検を通過させるために法律で定められている税金や手数料と保険料のことを法定費用といいます。

どの車検業者でも法定費用に差は出ません。

もし自分で車検を通してみたい方は別記事でお話しておりますので参考にしてみてください。

時間があればどうぞお読みください。

法定費用とは
自動車重量税
自賠責保険料
印紙代(検査手数料)

 

自動車重量税

「エコカー減税」や「グリーン化特例」、「環境性能割」などで新しい車の税金は減税や免税となっている車両もあります。

詳しくは国土交通省のWEBページに詳細があります。

車両の「重量」「経過年数」「区分」で課税額が決まります。

新車購入時には初期費用の中に3年分の自動車重量税を支払い済みです。

あとは24ヶ月ごとに収める国税になります。

 

自賠責保険料は強制加入

保険内容は対人のみですが、自動車を運行するには必ず入らなければいけないのが自賠責保険です。

車検時に自賠責保険加入の確認が義務付けされています。

自賠責保険は陸運支局でも払えますし、ディラーや自動車工場など保険代理店になっているところならばどこでも加入できます。

物損や車両保険は任意保険になります。

印紙代(検査手数料)

車検を受けるための定められた手数料を印紙を貼付することで払います。

車検の受験料と考えると良いかもしれません。

法定費用はこの3つだけです。

 ノートの車検を通すのは法定費用だけでも可能とも言えます。これ以上は車検業者の利益の源になります。

ノートの車検の法定費用以外の費用

車検の内訳を見ると法定費用の他に車検基本料金があります。これは車検業者の利益にあたるものです。

ディラーとの差額はこの車検基本料金でした。

整備の状況にかかわらずに車検業者が定めている金額です。

つまり値引きができる部分でもあります。

更に車検基本料金を分類すると24ヶ月点検費用と車検代行費用に分けることが出来ます。

24ヶ月法定点検・車検代行費用

ノートに異常ない場合は24ヶ月点検をしなくても車検は合格します。

自分で車検を通すとなったときに、もしご不安な場合は陸運支局の周りにテスター屋と呼ばれる事前テストをしてくれる業者もいます。

光軸(ヘッドライトの焦点)や電球切れなどがあれば交換してくれます。

費用も数千円だけです。

車検場のそばにあるテスター屋

車検は公道を運行するための、必要最低限の保安基準の確認になります。

24ヶ月点検は車の故障やその後の危険を未然に防ぐために行われるものです。

ブレーキで例えれば、車検ではブレーキが効けばOKです。

ブレーキパットの残量は関係ありません。

車検後に実際に乗っているとブレーキパットは減ってきます。

ブレーキパットがもしなくなったら危険です。

また車検代行費用ですが下記の画像はEPARK⾞検で掲載している車検基本料金ランキングです。

車検を受けるお店や工場で車検基本料金は大きく代わってきます。

 

 ブレーキパットは新品で概ね10ミリです。

この点検時に4ミリ以下になっていれば交換を提案せれる可能性があります。

もちろん2ミリでも十分使えます。

ただそれには日頃からまめに確認する前提です。

車検に合格するためには部品交換の提案があれば理由を確認しましょう。

東京都の車検基本料ランキング 店舗名エリア 車検基本料 1 マルダイオート株式会社 東京都あきる野市 9,166円 2 江古田S.S 東京都中野区 9,300円 3 元横山CS 東京都八王子市 9,300円 4 世田谷CS 東京都世田谷区 9,300円 5 府中CS 東京都府中市 9,300円 6 秋留台SS 東京都あきる野市 9,400円 7 亀戸S.S 東京都江東区 9,400円 8 高島平S.S 東京都板橋区 9,600円 9 Dr.DriveWE'LLヌクイSS 東京都練馬区 9,625円 10 東十条駅前SS 東京都北区 9,625円

引用:EPARK⾞検

車検基本料金が安いからといって飛びついてはいけません。

次は整備代金など他にかかる費用を確認しましょう。

また、特典などを組み合わせると他にも安い車検基本料金の車検業者は見つかります。

整備費用と

24ヶ月点検では56項目に渡って点検や調整をします。

問題が見つかれば車を運転する上で消耗部品の交換や故障している箇所の交換・調整故障を未然に防ぐ意味合いからします。

これが整備費用になります。

最初に提示した見積もりには整備費用は含まれていません。

整備費用に差が出るポイントが2点あります。

部品代と工賃です。

工賃ですが、ディラーでの工賃の時間単価は民間の車検整備工場に比べて高い設定の場合がほとんどです。

工賃で大きな整備代金の差が出ます。

熟練した知識のある整備士が高い工賃とは限りません。

そのお店で決められている工賃が見積もりに計上されるだけです。

部品の交換サイクルを考えたときに先程のブレーキパットと同様で車検に合格するレベルのタイヤの溝が残っていたとしても、24ヶ月点検のレベルでは交換と提案されることがあります。

ディラーでそのままタイヤを購入する金額と、ネットでタイヤの価格を調べてみると大きな差があることに気が付きます。

特にスタットレスタイヤは大きなタイヤあれば数万円変わってきます。

タイヤの通販で安いのはオートウェイです。

※車検の見積もりにタイヤ交換の項目があった場合は必ずオートウェイで金額をチェックしましょう。

車種から選択できるのでタイヤにあまり詳しくない方でも調べやすいサイト構成です。

タイヤはトヨタや日産のような自動車メーカーが製造しているのではなくBRIDGESTONEやダンロップなどのタイヤメーカーが製造しています。

オートウェイでは当然、有名タイヤメーカーであってもかなり安い金額です。

タイヤの組み換えに関しても、家の近所のタイヤショップで交換できるように手配の手順もあります。

つまり車検に出してタイヤ交換を指摘されたら、言われるがままに交換せずに自分でタイヤの価格などを確認して見積もりと比較してください。

AUTOWAY(オートウェイ)の公式ページはコチラから



その他の部品についても純正品と社外品があります。

社外品は価格が安く抑えられています。

社外品も安全性に問題はありません。

ディラーで扱う部品は基本的に純正部品となり部品自体が高いケースがほとんどです。

 

ディラーの車検が高い理由は「車検基本料金」「整備費用」にあることがご理解いただけましたでしょうか。

最終的にディラーで車検を出すにしても、整備の適格性や値引き交渉のために他の車検業者の見積もりを取っておくことは無駄になりません。

なぜこの部品を交換する必要があるのかを確認します。

ネット上で安い部品を見つけて整備工場に持ち込むこともできる整備工場もたくさんあります。

車検基本料金が安くても整備費用が高ければトータルで高くなります。

 大切なのが事前見積もりです。

それも数社の見積もりがあればより正確になります。数社の見積もりをとれば部品の交換の必要性や整備箇所の判断や費用がよく分かります。

過剰な整備でこれからしばらく乗るのには必要ない提案が混じってしまっている可能性もあります。

整備箇所について交換の必要性の説明を受けましょう。

わからないことが出てくればネットで簡単に調べられます。そのうち自分にも知識がついてきます。

ノートの車検はオートバックスがベストな理由とは?

以上のことからもオートバックス車検はおすすめできます。

ポイントをまとめてみました。

オートバックス車検のおすすめポイント
・只今キャンペンで2,700ポイントがもらえます。
その他「お友だち割引」や「リピーター様割引」などがあります。・日本最大級の車検ネットワーク・自動車整備士、3,700名以上 自動車検査員、1,600名以上 在籍・「12ヵ月もしくは20,000km」の整備保証があり車検後も安心・車検費用も現金だけでなく、クレジットカードやローンも選べる
(法定費用は除く)・代車の用意もある・安心3つ星補償が魅力的

ヴォクシー ⾞検費用

出典:オートバックス車検

オートバックス車検で初めて見積もりをとる業者に適しています。

見積もりをお願いしても車検は断ることが出来ますので安心してください。

 

オートバックス車検の見積もりを取るまで

お住まいの郵便番号を入力して、「車検ができる店舗を探す」をクリック

近くのオートバックスが一覧ででてきます。

「見積もりの申込みをする」のボタンをクリックします。

割引メニューのタブは必ず確認しましょう。

ヴォクシー ⾞検費用

出典:オートバックス車検

ここで楽天IDを入力します。

もしお持ちでなければそのままでも車検見積もりできますが楽天ポイントがつきません。

ヴォクシー ⾞検費用

出典:オートバックス車検

ノートの⾞検費用と買い替えの検討も大切

整備費用は現状のノートの走行距離や使用頻度などによって思った以上の整備代になることもあります。

そのような時はもしかしたら乗り換えの時期なのかも知れません。

大きなお金を出して整備してあと2年は乗り通すのも方法ですが、高く売却出来るなら買い換えたほうがお得になることもあります。

ノートは人気がある車種なので高い査定が期待できます。

車検切れでも売却には問題ありません。

もしかしたら今回は車検に出さずに売却し、車検付きの中古車を購入したほうがお得かも知れません。

もし車の買い換えにも今の車の売却価格少しでも高いことが大切です。

買取業者の比較検討をしっかりして競わせて少しでも高い査定を手に入れてください。

高額査定が評判の買取一括サイトを集めてみました。

愛車を売却するならランキング

UcarPAC(ユーカーパック)

ユーカーパックは車一括査定ではない!業者間同士で競り落とすオークション。
  • 車買取業者同士でオークション形式
  • 最大2000社以上の車買取業者からオークションにて査定額を提示
  • すべての窓口が運営元なので電話は1本のみ
  • 下取りと車一括査定サイトの中間の手間
少しでも高く車を売りたいけど手間も極力減らしたい方
交渉が面倒で時間も取りたくない方

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携企業数が多いのが特徴。カーセンサーは500社と頭一つ抜きに出ているというか圧倒的
  • 提携業者数が500社と他を圧倒
  • 最大見積もりも30社
  • 運営会社もリクルート

数多くの買取業者と交渉して少しでも高く愛車を売りたい方にはおすすめです。またカーセンサーは昔から中古車販売雑誌があり知名度があるので安心して利用できます。運営会社もリクルートです。

備考欄があるのでメール連絡希望と記入することができます。電話をかけてもらう時間指定も可能ですのでご自身の都合のいい時間帯を指定することができます。

売却価格に努力を惜しまない方や交渉が好きな方などにおすすめできます。 しっかり手間をかければ買取業者の数も多いので最高額を引き出せる可能性が一番高いです。

 

カービュー
なにより「トヨタT-up」と提携していることは心強い
  • 車一括買取サイトを始めたのがカービュー
  • みんカラ(みんなのカーライフ)など車情報サイトとしても質が高い
  • 「トヨタT-up」は大手ながら他の車一括査定サイトには参加していません。
ヤフーが運営する老舗サイトです。車一括買取サイトを始めたのがカービューです。運営歴で言えば一番長いので安心です。 なにより「トヨタT-up」と提携していることは心強いでしょう。「トヨタT-up」は大手ながら他の車一括査定サイトには参加していません。
「くうまたかし」という姉妹サイトがあります。こちらも広告効果の測定のためでありサービスなように変わりはありません。

 

ノートの車検費用を安く!法定費用とオートバックの関係とは?【まとめ】

いかがでしたか?

今回はノートの⾞検費用を少しでも安くする方法についてお話してきました。

車検の内容を理解して比較や検討は大切です。

無駄な整備費用などをさければ車検費用はやすくなります。

丸投げするのではなく少しの手間をかけてみませんか?

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。


車検は高額な買い物です。

少しの手間をかけて
比較検討してみて損はないはずです。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

そのうえ、下記からエントリーすれば
2700ポイントももらえちゃいます。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

スポンサーリンク