車 20万キロ 大丈夫

今乗っている車がそろそろ15万キロ超え・・。

流石にもう寿命かな?車は20万キロとか大丈夫なの?

こんな疑問をもっている方もいるかも知れません。

または、今度中古車を買おうと考えてるんだけどその中古車は15万キロ走っている。

この中古車を買って自分で乗ったら直ぐに20万キロ近くなってしまうけど購入して平気?なんて方もいるかも知れません。

今回は車が20万キロでも大丈夫かというところに焦点をあてて考えてみたいと思います。

車の走行距離に不安を感じている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

車は20万キロを超えると壊れるの?


車と走行距離の関係は中古車を購入する時も、修理をするときも毎日車のメーターをみるたびに不安と疑問が出てきます。

どこからもらってきた常識か分かりませんが、10万キロを超えると車の寿命は終わりと感じている方も多いのではないでしょうか。

その中で15万キロ、20万キロと走られている車のオーナーは立派です。

しっかりとオイル交換をしながら整備も定期的にして、常に車のコンディションを気にしながら車に負荷のない運転をしていらっしゃるのかもしれません。

車は20万キロで寿命になるのでしょうか。

例えば、街なかを走っているタクシーの走行距離は50万キロとも言われています。

長距離トラックの同様で普通の車を持つ方と全く違った感覚で走行距離を見ています。

また、日本で走行距離が多くて売れなくなった中古車は東南アジアなどで大活躍しています。

どうしてこれだけ走行距離が多くても現役でいられるのでしょうか。

理由はすべて整備にあります。

車は部品の塊です。

違った角度で話をすれば、すべての部品を交換すれば新車になるということです。

車体番号はフレームに打刻されているのでフレームは交換できませんが・・。

これを考えるときちんと整備をしてある中古車であれば走行距離は関係ないということになります。

タクシーやトラックも定期的に専属の整備士が整備しています。

タクシーなどで使われる車の部品も大量製造、大量購入で安くあげていますし、専属の整備士がいるので技術料も安く済みます。

東南アジアで活躍する日本車も、激安の日本車の中古部品があることや、どうしても動かなくなった車は部品取り車として1つ1つの部品まで大切にしています。

日本では動かなくなった車はスクラップのイメージが強いです。

実は東南アジアに向けて部品取り車として送られていることが多くあります。

それを考えると車の寿命は10万キロで終わりだとか、20万キロで寿命とはなりません。

ここで出てくるのが整備代金の高さです。

故障した際に整備工場に見積もりおを作成してもらいます。

その見積もりが高ければ買い替えたほうがいいかなという考えが浮かんできます。

ただ、考えていただきたいのが新車に買い換えれば自動車メーカーの新車保証がありますので数年は安心ですがその後は一緒です。

中古車を購入したら基本的には3ヶ月などの短い保証しかありませんので故障のリスクは同様になります。

スポンサーリンク

愛車の走行距離が20万キロで大丈夫という方へ


新車であろうと、新しい中古車であろうと20万キロ走った中古車であろうと定期的な整備は必ず必要です。

またその整備で見積もりに乗っている項目すべての部品を毎回交換していたらお金が持ちません。

まだ使える部品、今すぐ交換すべき部品を確認してまだ使える部品については使える間は使うべきです。

そのためには、ある程度車の部品や構造に興味をもって、整備工場の担当者の説明を理解して判断する必要があります。

例えば車検の際はブレーキパットの交換を提案されることもあると思います。

ブレーキパットの新品は1ミリです。

2年に一回しか車の整備に興味を持たないドライバーであれば4ミリを切ったら交換しておかないと次の車検まで持つか分かりません。

ただ、普段からある程度ブレーキパットの残量を気にかけていたり、ブレーキパットの残量が少なくなった時のお知らせの音を気にしている方からすればギリギリまで使ってから交換すれば済む話です。

車の寿命は走行距離ではなく、整備費用や修理代との比較できまる。

特に日本では新品の部品をドンドン交換する上に技術料も高い。だから東南アジアのように長く大切に乗ることが難しいということが理由です。

ここからは、走行距離が多くなった車を安全に快適に乗る方法についてお伝えします。

走行距離が多くてもそれが車の寿命ではないとお話しました。

・車の整備の知識をもっておくこと

・整備の際に提案された部品の交換について鵜呑みにするのではなく判断すること

・もし整備をお願いする際もしっかりと相見積もりをとること

・必要な交換部品も出来たら中古部品がないかを確認すること

スポンサーリンク

これから20万キロに向けての中古車を探そうとされている方へ

いままで自分の愛車の走行距離に不安を感じている方向けにお話をしました。

これから10万キロを超えている中古車を購入しようとされている方にも参考になる部分はあれば幸いです。

走行過多の中古車は同じ車種であっても中古車の相場は全く変わってきます。

それは、実情の車の寿命ではなく中古車を買い求める人たちの心情の現れです。

これまで話してきたように、購入した車に興味をもち、少しの異音や異常にきちんと気づき定期的な整備をしていれば問題ありません。

ただ走行距離の多い中古車を購入する時は前のオーナーがどれほどきちんと整備をしてきたかが気になります。

それをしっかり確認できるのが定期点検記録簿です。

年式が古く、走行距離も多い車で整備点検記録簿がしっかり揃っていれば安心です。

安心できる上に、走行距離が多いということで相場より安くなっているはずです。

もしこれから走行距離の多いお得な中古車を購入しようとされている方はこの整備点検記録簿があるかどうかを1つの基準にして下さい。

その上で出来ることであれば保証がしっかりついている中古車が安心です。

保証があれば故障がおきても負担なく修理ができます。

街なかにある中古販売店も保証がついているケースが多くあります。

ただ3ヶ月、3,000キロ以内の主要部品のみといった限定的なことも多く冬に購入して夏にエアコンの故障に気がついても保証期間外になります。

そこで最長保証が10年ついたズバット車販売をおすすめします。

有償にはなりますが、保証がしっかりしていれば不安なく走行距離の多い車を選べます。

その上ズバット車販売は返品も可能です。これほどの安心感はあまりないのではないでしょうか。

もし走行距離が多い中古車を探しているのであれば一度確認してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク