中古車の走行距離の限界はどこにあるのでしょうか。中古車の購入を検討してると、まずは車種と価格を見ていくと思います。次に重要視するのが走行距離になるのではないでしょうか。やはり走行距離は少なければ少ないほどなんとなく安心感があります。では中古車の走行距離が多い車両は危険なのでしょうか。
今回は中古車の走行距離の限界などについて調べてみました。

中古車を購入しようと検討されている方の参考になれば幸いです。

 

中古車の走行距離と相場の関係は?

中古車の走行距離と相場を見てみると相関関係があるのが分かると思います。同じ車種で同じ年式でも走行距離の違いで大幅に中古車の値段が違います。それだけ走行距離は中古車市場では気にされているポイントであることは間違いないようです。中古車を購入しようとする人にとって、走行距離が少なければ安心、多ければそれだけで中古車の限界が近いと考える方が多くいるということです。

そもそも自動車の走行距離はどれくらいが限界なのでしょうか。10万キロ?20万キロ?
答えは整備状況によるが答えです。自動車はすべて数多くの部品が組み合わさってできています。そもそも自動車とはどの部分を指すのでしょうか。骨格を作っているフレームに車体番号などは打刻してあります。フレームを自動車の本体と考える場合であれば骨組みの故障は事故など以外ではほとんど考えられません。かなり前の名車がレストアして復元されて実際に動いている車があるように限界はありません。

タクシー車両などは厳密な整備、頻繁な部品交換で50万キロでも安全に走っています。また、日本車は東南アジア諸国では大人気で20万キロを超えた車が当たり前に街なかを走っています。こうやってみると走行距離を気にするのではなく整備状況を気にすることが大切です。東南アジア諸国で多くの過走行車の日本車がはしっている理由は、安い中古部品(リビルト)が流通していることや整備士の人件費も安いためにあります。車は修理しながら長く乗ることが当たり前になっています。

ただ、日本では修理をするときは、なにも言わなければ新品部品で整備士の人件費である技術料も高いです。そのため、使い込んだ中古車は整備して修理するよりも買い替えたほうが安いのではないかと考える様になります。安全性についても走行距離が多いから危険などということは全くありません。

先程お話したように自動車は部品の塊です。故障する時は故障します。だからこそ新車には自動車メーカーがつける保証があるのです。3年間や5年間といった保証は新車であっても故障する可能性があるからです。

 

中古車の走行距離が多いお買い得な車は?

先程は中古車の走行距離と相場の関係や大切なのは整備状況といったことを話してきました。また中古車の走行距離と価格の関係は顕著です。お得に中古車を購入するとしたらどの様に選べばいいでしょうか。よく中古車の走行距離の話の中で1年で1万キロ、5年で5万キロぐらいの車が適度で安心できるといった事を聞くことが出来ます。一般的な車の使用頻度になります。大抵の車は1年間の走行距離が1万キロから1.5万キロぐらいが標準です。ですのでこの年式と走行距離の関係が成立する中古車は安心感が強いこともあり在庫も豊富で価格も同一車種の中では高い部類に入ります。

逆に、年式は新しいのに走行距離が長い中古車、例えば2年で6万キロを走っている車は年式の新しさよりも走行距離に目がいき安くなる傾向にあります。短期間に走行距離が伸びるのは高速道路の利用が多いことが想像できます。車の部品の消耗が一番多いのがSTOP&goです。市街地の走行や、行楽地へ向けた渋滞での走行が自動車には一番の負担になります。車は停まっている状態から最初に動き出す時にエンジンにもタイヤにも大きな負荷がかかります。また停車するときにはブレーキパットの消耗を始めあらゆるところに負荷がかかります。仮に同じ走行距離6万キロの場合を比べると主に空いている高速道路を巡航していた6万キロの中古車、市街地や渋滞ばかりを走っていた6万キロの中古車を比べたら圧倒的に前者のほうが部品の痛みは少ないです。

これらを前提に、普通の走行距離と言われている1年で1万キロを想像してみます。平日は渋滞をかわしながらの通勤、土日は家族を連れて高速の渋滞。この様な使われ方をしている中古車が多くあるように感じます。それならば2年で2万キロよりも6万キロの車両のほうが部品の痛みは少ない可能性が高いです。ただ、中古車の相場は6万キロはかなり下がります。

これまでお話してきたことで質のいいお得な中古車の購入の秘訣が見えてきます。他の購入者の方があまり根拠なく認識していることや欲しがる条件を避けることでお得な中古車を発見することができます。日本では走行距離は車の限界値を示すバロメーターと考えている人が多くいます。

 

中古車の走行距離の限界:まとめ

いかがでしたか。
今回は中古車の走行距離と限界についてお話しました。またそこから考えられるお得な中古車の選び方もお伝えしました。みんながお得だと感じるところに一番高い価格設定になっている可能性が多くあります。走行距離は気にしなくていいとまでは言えません。同じ価格であれば走行距離は短い方を選んだほうがお得がおおいと思います。もちろん売却時の査定には走行距離は響きますからね。ただ、走行距離で圧倒的な価格の差が生まれているのも事実です。それを天秤にかけたらそこまで走行距離を軸に考える必要はないと思います。
例えば狙っている中古車があれば走行距離をある程度無視すれば驚くほど安い車両に出会えるかもしれません。その車の整備状況などを整備点検記録簿などですべて確認できてしっかり整備されている中古車なら安心して乗ることができます。
この様に整備点検記録簿がついている中古車がいい、走行距離は多くて構わないなどの条件を出しながら専門家に中古車探しを依頼することが一番安心です。ズバット車販売というサービスでプロが中古車を探してくれるサービスを無料で提供しています。その上、今回の話のテーマである中古車の走行距離を軸に考えない中古車の選び方ですが、それには整備状況が大切とお話しました。整備されている車であっても故障は起きるかもしれません。これは新車も同様です。このズバット車販売では最長10年間の保証がついてきます。何か不具合があれば保障してもらえるのであれば底まで不安がらずに中古車を選べます。純粋に走行距離の多い中古車を選んでも心配ありません。また、ズバット車販売では返品も可能です。
プロが探してくれる中古車市場は我々が普段見る広告だけでなく、一般的にはまだ公開されていない、若しくは公開されない非公開情報からも探してくれます。私達が広告で目にしているのは中古車市場で3割程度と言われています。本当にお得な中古車は業者間オークションからそのままお得意様のお客様に渡ったり業者間同士で流しているケースも多くあります。もし走行距離は多くてもその分安くて整備がしっかりされている中古車を探してみようと考える方がいらっしゃいましたら是非公式サイトを確認してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク