オートバックス車検の支払いに全額クレジットカード使える!?

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。


車検は高額な買い物です。

少しの手間をかけて
比較検討してみて損はないはずです。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

そのうえ、下記からエントリーすれば
2700ポイントももらえちゃいます。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

車検は新車時に3年後、その後は2年ごとの大きな出費です。

車検の時にまとまった費用がない場合はクレジットカードで全額支払いできるほうが安心です。

車検の時に便利なオートバックスですがクレジットカードは使えるのでしょうか。

結論は全額は使うことができません。

ただ、クレジットカードで車検の支払いができる項目もあります。

オートバックス車検でクレジットカードで支払いができない項目は?


車検費用は法定費用とその他に分けることが出来ます。

このうち法定費用についてはクレジットカードは利用できません。

Q: 車検料金の支払いはクレジットカードを使えるの?

A: 車検費用と整備費用、部品代はクレジットカードでお支払いいただけます。法定費用(自賠責・重量税・印紙代・リサイクル料金)は現金にてご用意下さい。

クレジットカードでお支払いいただける分に関しては、オートバックスポイントカードにポイントを付与させていただきます。

法定費用とは自動車重量税と自賠責保険と印紙代になります。

オートバックス車検の法定費用とは?

自動車重量税

「エコカー減税」や「グリーン化特例」、「環境性能割」などで新しい車の税金は減税や免税となっている車両もあります。

詳しくは国土交通省のWEBページに詳細があります。

車両の「重量」「経過年数」「区分」で課税額が決まります。

新車購入時には初期費用の中に3年分の自動車重量税を支払い済みです。あとは24ヶ月ごとに収める国税になります。

自賠責保険料

保険内容は対人のみですが、自動車を運行するには必ず入らなければいけないのが自賠責保険です。

車検時に自賠責保険加入の確認が義務付けされています。

自賠責保険は陸運支局でも払えますし、ディラーや自動車工場など保険代理店になっているところならばどこでも加入できます。

物損や車両保険は任意保険になります。

印紙代(検査手数料)

車検を受けるための定められた手数料を印紙を貼付することで払います。

下記がオートバックスの車検でクレジットカードが使えない法定費用の合計です。

軽自動車  32,770円 タント・N-BOX
普通車 ~1,000kg 43,330円 フィット・ノート
普通車 1,001~1,500kg 51,530円 プリウス・キューブ
普通車 1,501~2,000kg 59,730円 クラウン・マークX
普通車 2,001~2,500kg 68,030円 エルグランド・ヴェルファイア

オートバックス車検を受ける場合はこの法定費用については現金での支払いになります。

 理由は法定費用はそのままオートバックスが預かるだけでそのまま支払う費用だからです。

自動車重量税と印紙は国へ、自賠責保険は保険会社への支払いになります。

逆を考えれば法定費用以外はクレジットカードで支払いができます。

オートバックス車検を予約しようと思うときに、手元には法定費用の現金さえ準備できていればあとはクレジットカードに任せることができます。

法定費用は予め決まっている費用ですので計画も立てやすいのではないでしょうか。

オートバックス車検では法定費用の支払いにTポイントが使えるの?


法定費用以外はクレジットカードで支払いが出来るだけでなくオートバックスポイントカードにポイントを付与されます。

この法定費用についててもオートバックスカードで貯めているTポイントカードを利用することが可能です。

オートバックスカードの特典

オートバックスカードで10個の工賃の特典もあります。

何回でも無料になる
エンジンオイル交換基本工賃無料
オイルフィルター交換基本工賃無料
エアフィルター交換基本工賃無料
バッテリー交換基本工賃無料  ※別途セットアップ費用が必要です
ワイパー交換基本工賃無料
ウォッシャー液 点検・補充無料
タイヤ空気圧 点検・補充無料
タイヤパンク修理基本工賃無料
タイヤローテーション基本工賃無料(年1回)
※タイヤパンク修理基本工賃には、応急タイヤ(スペアタイヤ)とのつけ替え作業を含みます。ただしタイヤや車両の状態により、作業をお受けできかねる場合、または別途料金をいただく場合、タイヤ交換をおすすめする場合がございます。

タイヤローテーション基本工賃無料【年1回】
年1回まで無料!

タイヤローテーションとは、装着しているタイヤの前後のつけ替え作業を指します。

装着しているタイヤとそれ以外のタイヤとの履き替え作業は対象外となります。

バランス工賃は除きます。

メンテナンスカードは有効期限内(1年間)で1回利用可能です。

有効期限が1年以上のメンテナンスカード、ゴールドカード、プラチナカードは、前回利用日から1年後に2回目の利用が可能となります。

ワンコインメニュー基本工賃無料【年1回】
年1回まで無料!
①スピードガラス撥水
②車内除菌消臭
③エンジンルーム艶出し
④サイドガラス撥水のうちいずれかおひとつ。

ワンコインメニューは店舗により異なります。詳しくは店頭でご確認ください。

オートバックス車検の特徴

車検はお店選びが大切です。

その中でもオートバックスは安くて安心して車検を受けられるお店です。

東京都の車検基本料ランキング 店舗名エリア 車検基本料 1 マルダイオート株式会社 東京都あきる野市 9,166円 2 江古田S.S 東京都中野区 9,300円 3 元横山CS 東京都八王子市 9,300円 4 世田谷CS 東京都世田谷区 9,300円 5 府中CS 東京都府中市 9,300円 6 秋留台SS 東京都あきる野市 9,400円 7 亀戸S.S 東京都江東区 9,400円 8 高島平S.S 東京都板橋区 9,600円 9 Dr.DriveWE'LLヌクイSS 東京都練馬区 9,625円 10 東十条駅前SS 東京都北区 9,625円

引用:EPARK⾞検

オートバックス車検で必要なもの


オートバックス車検だけでなく、車検を受ける際に必要になってくるものを一覧にしました。

■自動車検査証
車検証です。自賠責保険などと一緒にファイルされ車内に保管されています。
■自動車納税証明書
毎年4月1日の自動車の所有者に課税される自動車税の納付済みの証明書です。銀行やコンビニで納付した際は切り離した部分が証明書になります。納税済みの場合は平成27年4月からは軽自動車以外は必要なくなりました。

■自動車損害賠償保険証明書(自賠責保険証明書)
車検の際に、継続して加入する場合は今までの自賠責保険証明書です。
■自動車使用者名義の認印
■ロックナットアダプター
ホイールに特殊なロックナットで締め付けている場合は、取り外しにロックナットアダプターが必要です。

 

オートバックス車検で見積もりだけもらうことはできるか

もちろん可能です。

車検は法定費用はどこも変わりませんが、それ以外の費用はそれぞれのお店によって変わります。

いくつかのお店で車検費用の見積もりを取り寄せ内容に納得してから車検を受けてください。

また実際の車検費用などを少しでも安くする方法などを別記事にまとめています。

ご興味があれば合わせて読んでみてください。

オートバックス車検でクレジットカードで支払いができる!?まとめ

いかがでしたか?

オートバックスでは法定費用以外はクレジットカードが使えます。

また、リボ払いに対応しているので安心です。

法定費用だけは現金での準備が必要になります。

オートバックス車検の見積もりをもらう前から、法定費用は決まっているので現金の準備は限定的ですね。

車検はしっかりと見積書を理解して無駄な整備などに気をつけましょう。最後までお読み頂きありがとうございました。感謝

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。


車検は高額な買い物です。

少しの手間をかけて
比較検討してみて損はないはずです。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

そのうえ、下記からエントリーすれば
2700ポイントももらえちゃいます。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・