カーシェア・マイカーお得はどっち??@お得になる分岐点はここ!

車の購入とカーシェアはどちらがお得になるかを検証、解説していきます。車の購入には夢がありますよね。新しい車で何をしようか、どこへ行こうか考えるだけでもウキウキしてきます。ただ、その夢を見れるのは車の購入だけだった時代はずいぶん昔になってきました。高いお金を準備して資金計画して、思い切っての買い物をしなくても必要な時に必要なときだけカーシェアリングで車を使うことも出来てしまいます。

車の購入とカーシェアはどちらがお得なのでしょうか。

最大手のカーシェアです。

 

 

カーシェア・マイカーお得はマイカーの諸経費

毎日、通勤子供の送り迎えに車を使う。毎週、週末には車で遠くに出かける。そんな方は確かに車を買った方が良いでしょう。購入費、維持費を払ったとしても、その利便性をしっかり満喫することができますし、レンタカーやカーシェアを使用するよりも、使用頻度が高ければ買った方が安くなります。

ただ、全国的にマイカーの所有率や、年間走行距離、使用頻度は少なくなって来ている傾向にあります。

 例えば2017年に行った、ソニー損保のアンケートでは、年間走行距離の平均は6,018kmとなっています。その中でも5,000km以下までの合計で48.5%と約半数を占める結果となっています。つまり、マイカーを所有していても、ちょい乗りドライバーが非常に増えているという結果が出ています。

そして、保険料やガソリン代、駐車場代、修理代といった車の維持費にかかる金額も1ヶ月あたりの平均は、11,800円と過去最低水準になっているのです。ガソリン代や修理代は走る距離が短くなれば、当然少なくなりますし、保険料も最近では「走った分だけ」と走行距離で割引が効く保険も増えたことによります。

ただし、税金や車検にかかる費用は、”車を持っていること”に対してかかる費用ですから、走行距離が短くても長くても同じだけかかります。そんなに乗らないのに、高い税金を払うのは・・・」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に、同アンケートでも、車の諸経費で負担に感じるものの1位が車検・点検費、2位が自動車税となっています。たまにしか乗らないから車を買いたくはない、でも、たまに車があると便利なんだよなと思うのが人情ですよね。そんなときに便利なサービスが、今まではレンタカーでした。学生時代の夏休みには、レンタカーを借りて友達を誘ってドライブに行ったという思い出がありませんか?

あなたの家の近くにあるカーシェアステーションはコチラで検索!

以前であれば、その選択肢はレンタカーだけだったのですが、最近では、もっと便利な『カーシェア』という選択肢が増えました。街中のコインパーキングなどで、『カーシェアあります』というノボリを見かけたことがあるんじゃないでしょうか。ここ数年でカーシェアを利用する方は急増し、各企業もカーシェア用の車の保有台数が増えています。ただ、よく分からなくて、まだ利用したことがない方も多いかもしれません。

よく調べると、レンタカーやマイカーよりも気軽に車に乗れて、オトクに使える場合があるんです。そのあたりの理由をお話していきます。

 

カーシェアはマイカーのように便利に使える上、お得

カーシェアが普及しだして、数年が経ちますが、実はまだ利用したことがない。「カーシェアってどう使うの?」とよく分からないという方も多いのではないでしょうか?そもそもカーシェアとは、その名の通り、複数の人が共同で車を所有することなのです。そう聞くと何だか面倒くさそうなのですが、そこは大手企業がしっかり考えてサービスを提供していますので、思ったよりも簡単で便利なシステムを考えてくれています。

必要なことは、ネットで会員登録をするだけで、レンタカーのような借りる前に面倒な手続きもなく、24時間・365日好きなときに好きな時間だけ、お手軽に利用できるというものです。まず、レンタカーだと、レンタカー屋に借りに行かなければいけませんが、例えば、カーシェア最大手のタイムズですと、タイムズの駐車場にカーシェア用の車が置いてありますので、そこに直接借りに行くだけで良いのです。

あなたの家の近くにあるカーシェアステーションはコチラで検索!

タイムズの駐車場を見たことがないという方はいないと思います。あなたのお住まいの近所にもきっとタイムズのカーシェアはあると思います。後は、予約さえしておけば、パッと車に乗ってそのまま出かけることができるのです。

自宅そばのカーシェアステーションを探してみましょう。

そして、好きな時間だけ借りることができます。各社によって差はありますが、概ね最短30分から利用できます。借りた分だけの料金しかかかりませんので、レンタカーのように少ししか乗らないのに何時間分も料金がかかることもありません。例え6時間予約していても、3時間で返せば、3時間分の料金しかかかりませんから、経済的ですよね。

さらに、レンタカーを返却するときに、「ガソリンを入れるのを面倒だな」と思ったことはありませんか?時間の少し前にガソリンスタンドに寄って満タンにして・・・と少し面倒ですよね。実は、カーシェアはガソリンも入れる必要はありません。そのまま返却してOKなんです。時間をロスすることがありません!ガソリン代もかからないのです!!でも、じゃあガソリンは誰が入れるんだ??と疑問が出てきます。これはシェアしている人の誰かが入れることになります。ただ、そんな損な役回りは誰もしたくありません。

ですから、そこは企業側もサポートしていて、ガソリンを入れるための専用のクレジットカードが車内に用意されていて、ガソリンを入れた方は、30分利用料金がタダになるというサービスをしているところもあります。きちんとかゆいところにも手が届くように考えられているんです。

 面白いシステムだと思いませんか?マイカーやレンタカーに比べて、気軽に車が使えるこのサービスが人気となり、2010年に15,000人しかいなかった利用者の数は、2014年には465,000人となり、なんと4年間で約30倍にもなったという市場調査も出ています。

 

カーシェア・マイカーお得になる基準

さて、あなたは本当にマイカーを買った方がいいのでしょうか?もちろん、みんながカーシェアの方がオトクになるというわけではありません。毎日、車で通勤している方やお子さんの送り迎えに使っている方は、マイカーを持たれた方がお安くつきます。

では、どのくらいの頻度で車に乗る人がカーシェアをオトクに使えるか考えていきましょう。月々の車の維持費は、先程お話した、ソニー損保のアンケート調査では、11,800円という平均額でした。ここに税金やローンの支払が加算されることになります。

車購入とカーシェアのシュミレーション

では、一般的と思われる、排気量が1500cc~2000cc、重量が1.5トン~2.0トンの車をモデルに考えると、年間で自動車税が39,500円、重量税が16,400円となります。税金の支払は年額まとめてですが、ここでは分かりやすく、月々になおしてみると、自動車税と重量税を合わせて月々約4,650円となります。ローンはというと、ある大手企業のローン使用者の平均を取ると普通車クラスで月々20,000円~30,000円の返済になるように、頭金を返済期間を設定する人が多いそうです。間を取って、月々の返済を25,000円と設定します。

ここで、月々の維持費11,800円と税金4,650円とローン返済25,000円を足すと、月々かかるお金は41,450円となりました。今度は、この41,450円があれば、どれだけカーシェアを利用できるか考えていきます。

 タイムズの料金体系は、ベーシック(デミオ、プリウスなど)が206円/15分、プレミアム(Audi、MINIなど)が412円/15分となっております。ただ、ここでは分かりやすく1番使いやすいと思われる6時間パックで計算してみましょう。6時間パックになるとクラスの区別はなく、共通して6時間で4,020円となっております。

ということは、もしマイカーを持ってかかる費用の41,450円で、カーシェアの6時間パックを月に10回程利用できることになります。他にも12時間パックだと、6,690円ですので、月に6回程度利用できる計算になります。

 

いかがでしょうか?

 あなたは月に10回車を利用しているでしょうか?もちろん、1回の利用が短時間の方はもっとたくさんの回数利用してもカーシェアの方がオトクになることになります。この料金は全国共通となっています。特に都心部にお住まいで普段出かけるときは、ほとんど電車で、大きな買い物をするときだけ車を使いたいという方も多いのではないでしょうか。そんな方には、ぜひ、カーシェアの利用をオススメします!

あなたの家の近くにあるカーシェアステーションはコチラで検索!

 

カーシェア・マイカーお得はどっちのまとめ

いかがでしたか?今回は車の購入とカーシェアリングはどちらが必ずオトクになるというわけではありません。車の使う頻度や使い方によるところも大きいことが分かりました。車の所有に満足感を得られる方は当然カーシェアリングは向きません。

それぞれの価値観に合わせてカーシェアリングを検討するのが良いでしょう。ただ、今の家計や将来の家計状況をご心配される方でマイカーにかかる諸経費を計算するきっかけにしていただき、この記事を読んでカーシェアリングを検討のテーブルにのせていただければ幸いです。

にほんブログ村 車ブログ カーシェアリングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク