カーシェアリングのメリット・デメリット カーシェアリングはこうして使うと便利

一度に大勢の方が順番に低料金で利用が出来る点が、カーシェアリングならではのメリットと言えます。

そうした同シェアの良さは一体どういったところから来るのか、まずはこの事について触れてみます。
最近のカーシェアリングを利用することと所有することの違いを理解しておくことは大切です。

カーシェアリングのメリットは低料金で大多数の方に利用が可能なこと

カーシェアリングで特定の車を順番に会員登録をした方が利用していくといった形になります。

そして、運転時のみにおいて善管注意義務を法的な観点から守りながら、利用をしていくというような感じです。

こうした車両本体を借りていく形になりますが、その代わり、加入会員の方は利用時には必ず低額での料金支払いをしていく義務がありますので、この点を留意をしつつ、乗車利用をしていくというようなあり方です。

そして、こうした同シェアサービスの利用をしていく事によって、そこの登録者本人達が住む居住環境や大気環境を守る事にも繋がる面がありますので、そうした点で社会的にも評価が高いと言えます。

ただ、それでもそこの登録者の方が多い場合には、シェア車両自体が足りないといった問題も起きたりする場合もあり、課題が少なくはありません。

 

 

 

カーシェアリングで考えられるデメリットとは?

 

そしてこれは実際に同シェアサービスの利用をする際にどうしても起きる、あるいは起きつつある事態でもありますが、特定の車両を複数人からなる会員登録をした人間が利用をしていくといった形ですので、車両本体そのものが、ある特定の何らかの条件などがきっかけになり、のぞみ通りの車両の車種を利用が出来ない、あるいは不具合の有るまま利用をせざるを得ないといった事態も、起きたりしてしまう可能性があります。

こうした事態は特に、軽自動車や軽乗用車などの車種において、やはり起きがちな傾向が多い感じです。

 

 

これらの軽車両でのシェアサービスの場合、やはり、普通乗用車以上の大きさやグレードの車両本体に比べると小型であり管理がし易く、そのうえ低料金で利用が可能だといった点で、その分管理業者や利用者の何れからも粗末に扱われがちなところがありますので、何らかの不具合があるままの状態で、貸し出されるような事がありがちです。

 

こうした問題もやはり、解決をしていかなければならない課題の1つです。

 

 

 

まとめ:カーシェアリングのメリット・デメリットとは利用者各々の責任感も大切

 

今までの各段落で話してきた事に全て共通をする事を、ここの段落ではまとめとして今から話していきます。

やはり、カーシェアリングといっても車両本体を何らかの条件の下で複数人で借りる形のサービスには変わりがありません。そのため、必ずしも登録者の方がのぞむようなサービスのあり方があるとは、必ずしもそうとは限らない現状があります。

そのため、現在目の前にあるある特定のカーシェアリングサービスの利用を決めたりする前に、自分が受けたいシェアリングサービスの形といったものをはっきりとイメージをし、その通りの同サービスといったものが実際に存在するか否かについての考察をしていく事が、とても大事です。

その上でそれに沿う、あるいはそれに近い同シェアサービスを探し出して利用をしていくといった形が、まさにベストです。

ただ、そうした検討の仕方をしても必ずしも上手くいくとは限りませんので、中々理想通りのサービス自体が存在しない課題があります。

 

 

スポンサーリンク