車検を安く済ませるためには法定費用と整備点検の2つの費用を理解する必要がある

車検は安く出来るとは言っても、国が決めている法定費用は法律で決まっている。

車検が安い、車検激安とはいっても、法定費用は法律で定められておりどこで受けようが代わりはありません。

車検における法定費用とは、その車両を所有している人物へ課せられる税金などの法律で決められている費用のことです。

主に自動車重量税と自賠責保険料で構成されており、手続きに伴う印紙代も含まれます。

税金は国会で決議された税制によって支払う金額が決まるので、民間のディーラーや整備工場はあくまで官公庁への手続きを代行するだけです。自賠責保険は民間の保険会社への加入になるものの、国家が保険金額などを決定している関係から法定費用に分類されています。

印紙代は自動車の検査をしてもらうための手数料の支払いとなり、窓口で購入して書類に貼り付けてから提出する流れです。自分で自動車検査場へ持ち込む方は少ないので、ディーラーや整備工場に車検を代行してもらう手数料も別途かかります。

 

普段は自動車を預けて、その間は手配してもらった代車に乗るだけの車検ですが、実は必ず支払わなければいけない固定の費用だけでもこれだけあるのです。

 

また実際の整備費用などを少しでも安くする方法などを別記事にまとめています。ご興味があれば合わせて読んでみてください。

 

 

車検を安くするには、整備点検の費用を比べなくてはいけない。

車検を安くするためには法定費用が変わらないということは、整備代金の差が大きいということになります。

整備点検の費用については、店舗と選んだプランによってかなり差が出ます。

自動車の所有者には安全に運転できる状態を維持する義務があり、車検の検査場では安全に関わるブレーキ等を検査員が手早くチェックします。

車検を通すだけなら最低限の整備点検で良いので、異常がなければこの項目では費用をほぼゼロにすることも可能です。ディーラーはメーカーから直接パーツや情報を入手しているので、割高でも他よりも信頼性が高い整備内容と手厚い整備保証を受けられます。

 

いっぽう、車検の専門店ではマニュアル化とサービスのカスタマイズによって、リーズナブルな価格を実現しています。いずれにせよ、車検のタイミングは自動車にとっても節目になる時期だから、入念に整備点検をしてもらい、先を見据えた部品交換を実施しておくのが賢明です。

 

車検を通るレベルは最低限だから、本当に信頼できる整備士がいる自動車整備工場などで費用を惜しまずにメンテナンスをしてもらいましょう。

 

 

 

 

 

車検を安く済ませるからと言って安全を無視することはできない。

 

車検を安く済ませたいのは共通の願いですが、請け負っている業者の種類によって具体的なサービスが違います。

 

法定費用はどこでも固定だから、整備点検の費用で差がついていることを理解しておきましょう。最もお金がかからないのはユーザー車検と呼ばれているもので、自分自身での検査場への持ち込みだけではなく、ガソリンスタンドと車検代行も同様です。代行の手数料を支払っても、本人が持ち込むのとほぼ同じ内容だから注意しなければいけません。

それに対して、カーショップや車検専門店では、きちんとした整備メニューの中から予算に応じて選べるので安心です。依頼する時点で整備費用がほぼ判明しているのと、立ち寄りやすいことから利用者が多い業者となっています。ディーラーと自動車整備工場では受け持った自動車を細かくチェックするので、基本的に異常が認められた箇所を全て修理するスタイルです。

修理する前に確認を行いますが、整備費用としてはやや高めになります。

 

また実際の整備費用などを少しでも安くする方法などを別記事にまとめています。ご興味があれば合わせて読んでみてください。

 

 

最近のコメント
    スポンサーリンク