中古車 値引き 限界

中古車の値引きの限界ってどれくらいまでなのでしょうか?色々話を見てみると諸費用である代行費用の数万円が限界だとか、中古車に値引きと言う概念はそもそもないといったことを聞きます。

本当に中古車は値引きがないのでしょうか。もしあるとしたら中古車の値引きの限界は諸費用の数万円なのでしょうか。
今回は中古車の値引きの限界について考えてみたいと思います。これから中古車を購入しようとしている方に少しでも参考になれると幸いです。

中古車の値引きはそもそも可能なの?

中古車は値引きできなくて当たり前。そもそも中古車は1台1台が全く違う商品なので新車と違って値引きはなく、もう少し安くと考えるならば別の車を探すべきである。なんて話をよく聞きます。確かに、中古車はそれぞれのスペックがバラバラです。一見同じく車であっても走行距離や内装の具合、外装の塗装状態や傷やヘコミがバラバラです。中古車の価格はその車のスペックにあった価格になっており値引きは無理ということは理解できます。
ただ、中古車の価格の内訳は通常の商売の価格の形と同じです。仕入れ値があって、そこに商品としてのメンテナンスである整備代があり、中古車を展示しておくための経費がかかり、その上に利益を足して中古車の価格が決まっていると思います。その中で特に仕入れ値や利益は中古車販売店の判断できまっているのです。
特に仕入れ値については、中古車販売店の仕入先として主なのが業者間オークションです。この業者間のオークションの相場は高くなったり安くなったりしています。仕組みとしたらヤフオクと同じです。需要が多ければ高くなり、供給が過多になれば安くなります。需要と供給の関係は、時期や地域によってもバラバラです。高い時と安い時の差が数万円といった小さな額ではなく、何十万も動くことはごく普通です。

利益については、中古車販売店の経営方針になりますが最初は高く出して広告をだす、しばらくお客様がつかなければ少しづづやすくする中古車販売店もあれば、最初からそのままズバリの価格で販売するお店もあります。中には、目玉商品として利益度度外視で販売価格を決めているケースもあります。

この様に中古車の価格は株価と同様定額にきまっているものではありません。ですので、言い換えれば値引き交渉しなくてももっと情報を取り入れる事や時期を改めることで価格が変わってくる可能性が高い商品です。これが新車ならば、度々の定価の変更は消費者を困惑させ価格設定の信憑性をなくします。中古車はいわゆる水物。今ある価格は今の価格であるだけでそれが正しい価格であるかそうでないかは相場次第なのです。

それを考えれば、値引きが不可能なことはありません。先程お話した、少し高めの設定で一度展示している中古車にお客様が興味を示し相場辺りの価格帯にならないかと商談すれば値引きの交渉の土台に乗ることが可能です。中古車販売店も車を展示しているだけで、中古車の価値は時間と共に落ちていくのが定説で、駐車場代などの経費もかかってきます。仕入れから新鮮なうちに販売して資金を回転させていくことが何よりも大切です。

色々とお話してきましたが、結論中古車の値引きは十分可能です。ただ、中古車の相場はあります。相場の中で既に最安価格帯になっているのにそこから値引きをして欲しいとはなしても難しいでしょう。そのためには希望の中古車の相場がどれくらいかをしっかり確認してそれよりも高いようであれば交渉してみて下さい。もちろん安く販売いしている中古車販売店を見つけたならそこで購入するのも方法ですが、お店が家から近かったり保証内容がしっかりしていたりとここで買いたい理由も含めると商談もスムーズかもしれません。

 

中古車の値引きの限界って大まかどれくらい?

さきほどは中古車の値引きが可能かどうかの話をしてきました。中古車販売店の実情や中古車の価格の決め方などにも触れました。それでは中古車の値引きの限界ってどこあたりにあるのでしょうか。2万までとか10万までとかといった金額で決められるものではありません。軸になっているのは中古車の相場です。最近はネットでの中古車の広告が便利になってきています。中古車販売店でネット広告に出していないお店はほとんどないと考えられます。ネットがない時代には価格の比較も難しく、また地域が違えばそこは別世界になっていました。今は全国規模で簡単に相場観がつかめます。ネットの中古車一括サイトでは設定で車種やボディーカラー、走行距離や年式、地域、価格などの絞り込みができます。そこで適切な絞り込みをして価格が安い順に並べ替えれば最安の価格帯が想定できます。

もちろん最安値の中古車には何かしらの難があるかもしれません。そういった中古車でも取り扱っている中古車販売店に連絡を入れて状況を確認します。このような感じでいくつかの車両をみて問い合わせしていけば相場は十分理解できるはずです。ここの差額が中古車の値引きの限界になってくるでしょう。逆にそれ以上安くする方法はこの時点ではありません。もしこれ以上の値引きや安さを狙うには時期をずらすことや地域を遠方にしてみることも大切です。ただ、県外や遠方から車両を取り寄せたり通信販売で購入することにもリスクがあります。

 

 

中古車の値引きの限界ってどれくらい?まとめ

いかがでしたか?
中古車の値引きの限界について考えてみました。また、中古車の価格の内訳や値引きの方法にも触れました。少しでも条件のいい中古車を安く買うには何より最新の情報が大切です。理由はさきほども触れましたが業者間オークションでも時期によって価格は上下にぶれています。また地域によっても価格が違いことも当たり前におきています。対局をみたときには中古車の価格は年式が古くなるにつれて下がっていく傾向にあります。
そのため、最新の中古車入荷情報が大切です。それも中古車販売店が仕入れをして、展示できるように整備を整えて、広告をしている車両を私達はみています。本来ならばその前にも中古車情報はたくさん流れており、その様な車両は既存のお得意様だったり、前もって予約をしているお客様への紹介で消えていきます。逆にいえば、長らく在庫になっている中古車は売れ残りの可能性もあります。
仮に売れ残りの中で相場を掴み、一生懸命探すとなると時間のムダも多いように感じませんか?できればその広告に出される前の情報や公開されていない情報も一緒に検討したいと考えませんか?

ズバット車販売では毎日500台の新規入荷情報と共に非公開情報からプロが中古車を探してくれるサービスを提供しています。もちろん費用は無料で使えます。もし希望の中古車の購入の直前だったり、まだ今から探しているなんて方は一度利用してみたはいかがでしょうか。保証などもしっかりしていて安心ですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク