中古車は値引きしないって本当なのでしょうか。希望の中古車を見つけたら少しでも安くならないかな。。なんて考えることありますよね。新車であればどれだけ値引きするかが商談の重要なポイントです。ところが中古車になると値引きは無理、もともとの値付けが疑われる、値引きはするのは怪しいお店などと言われることもあります。中古車って値引きはできないのでしょうか。

今回は中古車は値引きしないと言われる原因や中古車で値引きを成功させる方法などを考えてみました。
これから中古車を探している方のお役に立てると幸いです。

 

中古車の値引きが難しいと言われている理由

中古車の値引きが難しいと言われているのは新車ではなく中古車だからです。新車は同じ車種で同じグレードなら価格が決まっていて値引きをすることで初めて商談になります。中古車は1台が他とは全く違う商品になります。感覚的には不動産と似ていますね。部屋を借りる時、中古で家を買う時も同じ建物でも隣の部屋でもすべてが同条件とはなりません。見える眺望が違ったり、壁紙やどの様な使われ方をしていたかで1軒1軒で価格は変わってきます。

中古車も同じ車種でグレードもボディーカラーも一緒だとしても、走行距離や内装のヘタレ具合や臭い、外装の塗装のクスミや傷、ヘコミなどを比べると全く同じ中古車はないと言えます。そのために、新車とは違って中古車はそれぞれの値付けを適正にしているとの話です。通常は業者間オークションで仕入れをしてそこに整備代と利益を足して中古車の価格を決めています。当然、整備代や利益は中古車販売店でそれぞれ考え方が違うのでバラバラです。通常150万円で売っている中古車を130万円にして欲しいと願い出ると、値引きではなくそれに見合った車を探してくるということになります。

多分中古車の値引きを希望する理由は、中古車のスペックを下げることなく目の前の中古車を相場から少しでも安く購入したいのが目的なはずです。他のスペックの低い中古車を持ってこられても困ってしまいますよね。これが中古車が値引きしないと言われる理由です。

 

中古車の値引きのコツ

先程は中古車は値引きしない理由をお話してきました。スペックに低い車を提案されても、購入する人は中古車の基準を決め手購入判断しているはずです。走行距離や傷の程度などを考えて予算を考えて問い合わせしていると思います。その車を値引きする方法はないのでしょうか。
中古車は値引きしないではなく、段取りが大切なんです。新車であれば競合他社や競合者の値引きを提示したりと準備をしている様に中古車の値引きにも段取りと準備が必要です。
中古車は1台1台スペックが違うので商品も違うとお話しました。ただ、似ている商品は売れている車種ならば豊富に見つかります。これを競合として相談することです。ただ、他で同じ様な中古車があるから値引きをとお願いしても交渉はうまくいきません。ここのお店で購入したい理由を添えて、家から近いとか、保証がしっかりしているとか、担当者に信頼があるなどをアピールしつつ商談していきましょう。

中古車販売店も最近のネットの環境が進化した関係で価格にはシビアな感覚を持っています。中古車が一覧で表示されるサイトなどでは、車種、グレード、ボディカラー、走行距離、年式、地域などを細かく設定して検索できます。その上で中古車価格だけでなく諸費用を含めた総額で安い順などに並べ替えが可能になっています。つまり、安い順で並び替えられても少しでも上にいけるように価格には知恵を絞っていると思います
もし、値引きをしようとしている車がこの様な条件下のなかで、最安値であればこれ以上の値引きは不可能です。最大限の値引きは中古車販売店でもしています。ただ、中古車の業者間オークションの価格は一定ではなく、時期によって大きく変わったり、地域によって変わることもあります。中古車販売店の中には九州で安く落札した車両を輸送して、関東の業者間オークションで出品するなどその差益を狙って商売にしている業者もいるぐらいです。
ですから、購入しようとしてる中古車が相場以下であれば、現在これ以上の値引きは不可能と考え、地域を買えて探し直すか時期を改める必要があります。
つまり、そのお店でぜひとも購入したいと考えるならば相場から少し高めになっているが近づけることはできないでしょうかと言った値引きになります。
そのためには、中古車市場の相場をしっかり下調べした上で、業者との相談の際に交渉の材料にして下さい。もちろん中古車販売店も少し前に仕入れをして仕入れ価格が高めで今の相場に合わないけど、値引きをすれば原価割れをしてしまい躊躇している環境にあるかもしれません。そんな問題児の中古車が売れたら、新しく中古車の回転ができます。

それ以外の値引きと言えば、よく言われている諸費用の値引きです。法定費用と言われている自動車税や自賠責保険、自動車取得税は値引きの対象とはなりませんが、登録代行費用や納車費用は自分ですることによって見積もりから削除して欲しいと交渉できます。ただ、最大限の値引きを獲得した後に、この諸費用の話をするとあまりよくない可能性もあります。中古車販売店にとってギリギリまで値引きして最後の利益の残りがこの代行費用の可能性もあります。それを考えるとここはあまり強く主張せず、やってもらえるなら自分の時間が浮くからお願いしておくことも必要です。

 

中古車は値引きしないって本当:まとめ

いかがでしたか?
せっかく見つけたお気入りの中古車を少しでも安く手に入れたいのはもちろんだと思います。逆に中古車販売店も仕入れがあり、車を展示しておく駐車場にも経費がかかります。一昔前のネットが普及していない時代ならば、中古車販売のライバルは近所の同様の販売店だけだったかもしれません。ところが今は全国規模で勝負していかなければならない現状にあります。あまり、わがままな値引きは決していい人間関係を生みません。ただ、先程お話した相場から少し高めになっているとしたならば、中古車販売店も気がついているのに考え中のこともあります。そういった場合はしっかり値引き交渉しましょう。

根本的には、新車に値引きの相場があるように中古車にも相場があります。それを下回る事は難しいと言えるでしょう。ただ、中古車販売店に展示してある車は数日前もしかしたら数ヶ月前に仕入れしている中古車の可能性があります。中古車の価値は基本的には時間と共に減少していきます。数ヶ月前に仕入れをしているならば、今の業者間オークションの相場は少し安くなっているかもしれません。

この様に中古車をお買い得に購入するには最新情報を手に入れることが何よりも大切です。ただ、業者でない方が業者間オークションを直接確認することはできません。あくまで、中古車販売店が仕入れをして広告をだして初めてネットの情報として比べられます。もし、この広告が出る前の非公開の情報からも中古車を探せたらいいと思いませんか?

それならば私はズバット車販売を一度試してみることをおすすめします。もちろん費用はかかりません。非公開情報を含めて毎日500台の新しい中古車情報からプロが希望の中古車の提案をしてくれます。もちろん希望の車がなければ断って、自分で探せばいいだけです。ただ、業者でない方が自力で探すのも限界があります。ズバット車販売を試してみてから再検討しても遅くない買い物かもしれません。中古車の購入は大きな買い物なので値引きや支払う額も大きくなりますから。あと、このズバット車販売は、返品も可能で最長10年の保証もあります。いま利用するとアマゾンのギフト券が6000円分もついてくるようです。公式サイトは下記から入れますのでもしご興味があれば覗いてみてもいいかもです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク