中古車 安い 時期

中古車の安い時期を外すと大損する可能性について調べてみました。せっかく中古車を購入するなら出来る限り安いほうが嬉しいですよね。新車は販売価格が1年通して決まっていて出来ることは値引き額が増減します。中古車の場合は値引きの額がかわるというより販売価格自体が変わってきます。今回は中古車の安い時期を狙うことで損を避けるために記事にしました。

これから中古車を安く購入したいとお考えの方がいたら参考にしてもらえると幸いです。

中古車を探すと・・ 詳しくは下記の公式ページをご確認下さい。
ズバット

スポンサーリンク

中古車には安い時期とそうでないときがある?

中古車の販売価格の相場は仕入れの相場と影響し合います。

また、商売の基本でもある需要と供給によって価格が形づくられていきます。中古車販売店の仕入先である業者間オークションも、中古車販売店の販売もすべては欲しい人と、在庫の数で価格が変わっていくのです。つまり安い時期とは中古車を欲しいと思う人が少ないのに、在庫がたくさん余っている状態です。逆に高い時期は、中古車を欲しがる人はたくさんいるのにあまり中古車の玉数が少ないので強気の商売に出れるときです。

それでは中古車の玉数はたくさんあるけど、中古車を欲しがる人が少ない時期とはいつでしょうか。

スポンサーリンク

具体的な中古車の安い時期とは?

車を必要とする人が増えるのが就職、入学、引越しなどで新しく車を必要と考える人が増える2月や3月です。新生活の4月をスムーズにスタートするために3月までには車の準備も済ませておこうと考えます。また、中古車の玉数はというとちょうど増えてくる時期です。理由は新車の販売台数が中古車同様に増えてくるからです。新車が販売されなければ中古車は増えません。当たり前ですけど。そのため、2月3月は中古車がドンドン入荷して在庫が増えてくるになります。

となるとこの時期は中古車の玉数は増えてくるが、それ以上に中古車を欲しがる人が前倒しで押し寄せてきてる状態です。つまり中古車販売店は常に中古車の問い合わせを受けて強気な販売に出られる時期なので中古車価格は高くなる時期になります。この時期が過ぎる4月はどうでしょうか。

2月3月に4月から中古車を必要だと考えている人には中古車が行き渡り、中古車を改めて欲しいと考える方は減ってきます。逆に中古車は後追いで在庫が増えてくるので4月は中古車の在庫は増えています。つまり、一番中古車が安くなる時期です。3月は大手自動車メーカーの決算時期と重なり、売上を上げることで次の株主総会で発表も安心できますし、株価も安泰です。そのため、最後の3月にできる限り新車の販売台数を伸ばそうと値引きも一段とヒートアップしてきます。その中古車はタイミングのずれもありながら4月になだれ込んでくるということになります。

この4月から5月が中古車の玉数もある程度ありながら一番の中古車の安くなる時期です。

次に季節感から考えてみます。先程お話した需要と供給の関係から中古車をしっかりみながら購入しようと考える時期は休みがある時期です。例えばゴールデンウイークやシルバーウィークなどの大型連休は家族連れでしっかりと中古車をみることが出来るため中古車を求める人つまり需要が大きくなります。

大型連休が過ぎた後は需要が少なくなりますが、中古車の在庫も少なくなっていますので思ったより安くはならないのが実情です。当然大型連休も新車の販売は増える時期ですがそこの下取りした中古車が商品として並ぶのは大型連休が終わって少ししてからになります。

今度はお金の面からみてみましょう。中古車と言えど金額は10万円前後から数百万円の中古車もあります。現金一括で購入される方、ローンの金利がもったいないから少しでも頭金を入れようと考える方も多くいます。そのため、ボーナス時期の手前では中古車は売れにくい状態になります。つまり需要は減っています。敢えてここで中古車を購入すれば中古車を安く購入することが出来るかもしれません。

最後に中古車の価値の面からみてみます。中古車は時間と共に価値が減少していくのが一般的です。そこ顕著になるのが年が変わるタイミングの1月です。年式により落ちが1つ増えます。今まで3年落ちだった車が4年落ちとなるのでこの時期は一段階中古車の価格は安くなります。

 

スポンサーリンク

中古車の安くなるタイミングは車の車種によっても変わる

さきほどは中古車全体の安くなる時期についてお話しました。全体の流れを理解していただいた上で今度は車種ごとの中古車の安くなる時期について触れておきたいと思います。

冒頭で中古車の価格は需要と供給の関係から変わってくるとお話しました。1台の車のライフサイクルをみたときに売却や買い替えのタイミングが一番多いのはどんなタイミングでしょうか。この売却や買い替えのタイミングは新しい車を購入することで下取りによって中古車が増えます。つまり供給が増えるということです。そのタイミングとは車検です。購入から3年、5年その後は2年毎の車検のタイミングは中古車の供給が増える時期です。発売から3年、5年、7年のタイミングの車種は中古車も安くなる時期であると言えます。同様にモデルチェンジやマイナーチェンジのタイミングも買い替えが増えるので中古車の供給は増える傾向にあります。

中古車の安い時期のまとめ

いかがでしたか。中古車の安い時期を見極めてなるべく好条件でお目当ての中古車を手に入れたいですね。ただ、この安い時期は大にして中古車の供給が少ない時期にも当たります。つまり、自分が欲しいと思っていた中古車は売り切れで県外や遠方にいかないと手に入らないことも出てきます。そのため、安い時期に中古車を探すのではなく、中古車の購入を検討し始めた時に常にアンテナを張っている必要があります。

ただ、普段からお忙しくしている方は毎日中古車のチェックなどは難しいですよね。そこで一つ提案があります。その中古車探しを無料でプロに手伝ってもらいませんか?そのサービスはズバット車販売といいます。一般的に素人が目にする中古車は中古販売店が掲載している広告になります。

ズバット車販売では広告にはまだ出ていない非公開情報からもプロが中古車の提案をしてくれます。もちろん費用もかかりませんしご希望の中古車の提案がなければ断ってご自身で探すことも出来ます。下にリンクを張っておきますのでご興味がある方は確認してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク