タントの車検費用をディラーより安く【2019年最新】@法定費用と車検基本料金
出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。

車検は高額な買い物です。
少しの手間をかけて
比較検討してみて下さい。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

タントは軽自動車の中でも子供のいる方にかなり人気があります。

燃費が良いことと室内空間が使いやすくなっていることが人気の秘訣です。

今回はタントの車検費用をディラーより少しでも安くすることを考えてみます。

 

新車で購入するときには値引きは当たり前なのに、なぜか車検はディラーや業者の言う通りに払ってしまっている方も多いと思います。

例えばオートバックスの車検などはかなり安心感もあり安く設定されています。

 

 

車検は自動車業界においてとっても美味しいビジネスです。

オイル交換や整備を頻繁にしない方でも車検は法律上やらないと厳しい罰則があります。

そのため、待っていればお客様からお金をもってやってくれと依頼がくるのです。

そこに不安を上乗せして整備をすれば丸儲けになります。

 

 

車の知識を少しでもつけることが車検費用の中の整備代金を安くする方法です。

すぐに知識をつけなくても何となく調べていくうちにわかるようになってきます。

 

今回はあまり車に知識のない方に、どのようにしたらタントの車検費用が安くなるかを考えてみました。

今回のタントの車検で知識を高めて、今後の車検に活かしませんか?
今から、タントの車検を受けようとされている方のお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

タントの車検をディラーより安くするため

車検を適切な値段で受けるには大切なのは、見積もりをしっかり見比べることです。
車検はディラーが高いとは言われていますが、他の見積もりで値引きをしてもらえることもあります。

今回は車検だけ通して、整備をしない業者についてはご紹介していません。

車検後も安心してタントを乗るためには、必要な整備はしなくてはいけません。

逆に今すぐ必要ない整備は断る必要があります。

 

安くて質の悪い整備ではなくて、安くて高品質な車検業者を探しましょう。

スチーム洗浄
下廻り錆止め塗装
クーラントサプリメント
エレメントクリーナー
ワイパーゴム
オイル交換
ブレーキパット

この辺りは必ずといっていいほど交換を提案されます。

ディラーで交換してもらわなくてもカー用品店で購入して自分でも交換できるものもあります。

 

すべて提案されたとおりに交換できればいいかも知れませんが、車検で新車にしてもらうわけではありません。

 どちらにせよ車検とは2年に一回付き合っていかなければならないので、今のうちに車検を安く受ける方法を身につけておけば大きな節約になりますよ。
スポンサーリンク

タントの⾞検費⽤をディラーと比較

正規販売ディラーの例です。
車検基本料⾦(※1)32,800円
⾃賠責保険料 25,070円
重量税(※2) 6,600
印紙代 1,100円
合計 65,570円

(※1)ディラーや地域により差があります。参考程度に確認してください。(※2)エコカー減税などの特別減税は計算に考慮されていません。

 

楽天車検で全国のタントの車検の平均値も出ていたので参考にします。
車検基本料⾦(※1) 17,980円
⾃賠責保険料  25,070円
重量税(※2)  6,600
印紙代(※3) 1,100円
合計 50,750円

(※1)平均的な整備工場の料金例になります。地域に整備工場より差があります。参考程度にご確認ください。(※2)エコカー減税などの特別減税は計算に考慮されていません。(※3)陸運支局の代わりに車検を行うことが許可されている指定⼯場での料⾦です。認証⼯場の場合は印紙代が数百円高くなります。

 

ディラーも全国平均も入れていません。

それでも1.5万円程度の差額が発生しています。

 

ご覧いただいてお分かりになったと思いますが、この差額は車検基本料金です。

法定費用は同じです。
車検基本料金の内訳などについては後ほど解説します。

 

スポンサーリンク

タントの車検を出すときには最低限確認しておきたいこと

車検は自動車の業界でも販売と同じように利益が出せる商品です。

しっかりと見積もりを検討しない方は大きな出費になってしまっている可能性もあります。

 

車検はこれから先も車を持つ限り付き合っていかなければいけません。

車検の内容を理解して、安心で安い車検を行ってくれるお店を探すことも大切です。

車検のお店探しで大切なポイントを列挙しました。

 

 ・整備箇所についてしっかりと納得の行く説明ができること
・整備した箇所には保証がつくことを確認すること
・プロの整備士が在籍していて、整備を担当すること
・車検費用は総額で考えるべき
・なるべく有名な店を選ぼう
・部品の価格についても相談できる店

いいお店では整備に関してもお客様が選択できるように細かい説明と注意点を教えてくれます。

恐怖モチベーションを煽って、整備しないとそれとなく危険ですとだけ伝え、何がどのようにいつの時点で危険なのかの説明をしてくれないようであれば避けたほうがいいかも知れません。

 

 

このような説明はもちろんコチラから質問すれば答えてくれるかも知れませんが、自動車の整備に関して素人がうまく質問できません。

そこを理解して先に細かい説明を1つ1つしてくれることが大切です。

自動車の仕組みやパーツの役割についてある程度知識がある方であればすばやく質問して解決していけると思います。

無知であれば整備士の説明に納得されやすくなります。

そのためにも何社かの見積もりを比較することが大切なんです。

 安くて安心できるおすすめ車検


オートバックス車検
・車検基本料金が安い 13,000円
・日本最大級の車検ネットワーク
・一級自動車整備士、29名 二級自動車整備士、2,466名 自動車検査員、1,469名 在籍
・「12ヵ月もしくは20,000km」の整備保証があり車検後も安心
・車検費用も現金だけでなく、クレジットカードやローンも選べる(法定費用は除く)
・代車の用意もある
・安心3つ星補償が魅力的
只今キャンペーンで2,200ポイントがもらえます。

オートバックス車検はこちら
https://www.autobacs.com/

楽天⾞検
大手カー用品店のオートバックスをはじめ、エネオスや出光なども選べる
無料事前見積もりがとれる
楽天スーパーポイントが1,600ポイントもらえるキャンペーン実施中

楽天⾞検はこちら
https://shaken.rakuten.co.jp/

EPARK⾞検
整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!
国家資格整備しが常駐している店舗だけ
どのプランでも法定24ヶ月点検付き
利用が初めての方なら5,000円のキャッシュバック実施中(7月16日まで)

EPARK⾞検はこちら
https://otakara-shaken.com/

グー車検
コンシェルジュがいるので最適な工場を選んでくれる
見積もりはメールで簡単
ネットでクレジットカード決済可能
自宅や職場での納車・引取もOK
車検基本料金が一律8,800円

グー車検はこちら
https://www.goo-net.com/pit/inspection/goosyaken/top.html

タントの車検費用は法定費用だけでもOK

車検の法定費用どこでも同じとお話しました。法定費用は下記の3つだけです。

 
自動車重量税

平成31年4月30日まではエコカー減税がありますので減税や免税となっている車両もあります。

車両の「重量」「経過年数」「区分」で課税額が決まります。

新車購入時には初期費用の中に3年分の自動車重量税を支払い済みです。

あとは24ヶ月ごとに収める国税になります。

自賠責保険料

保険内容は対人のみですが、自動車を運行するには必ず入らなければいけないのが自賠責保険です。

車検時に自賠責保険加入の確認が義務付けされています。

自賠責保険は陸運支局でも払えますし、ディラーや自動車工場など保険代理店になっているところならばどこでも加入できます。

物損や車両保険は任意保険になります。

印紙代(検査手数料)
車検を受けるための定められた手数料を印紙を貼付することで払います。

タントの車検費用でディラーと差が出るのは基本料金

車検業者は法定費用からは利益が出せません。

法定費用は預かってそのまま支払います。右から左です。
車検で利益になるのは2つあります。1つ目が車検基本料金です。2つ目が整備費用です。

これは法定費用とは違って車検業者が自ら定めている金額ですので値引きすることも自由です。

この車検基本料金は24ヶ月点検費用と車検代行費用に分けることが出来ます。

24ヶ月法定点検・車検代行費用

車検は公道を運行するために行われる必要最低限の保安基準に達しているかの確認です。最低限の基準に達していれば車検は合格です。整備や劣化した部品の交換を目的とするものではありません。車検と整備は別物とお考えください。

 必ず車検業者の言い回し方に気をつけていただきたいのが、車検を通すために必要な整備なのか、このまま乗っていくと1年後には必要な整備を今しようとしているのかの確認です。丁寧な車検業者であればあと1年はもつと思うのでそれぐらいに交換しましょう、もしそれが面倒ならば今交換しましょうと2通りの提案をしてくれるはずです。

 

24ヶ月点検とは車の故障やその後の危険を未然に防ぐことが目的です。今後も安全にタントを運行させるには必要な整備です。機械整備に精通していない人では難しい「分解整備作業」が必要になります。

 車検と24ヶ月点検の違いを例に出すと・・

具体的に言えば「車検ではブレーキが効けばOK」
点検ではブレーキパットの残量が「次の車検までもたないと思われたら交換」
でも1年間は十分使える可能性はあるのです。そのときに交換すれば無駄がありません。

 

次に車検代行費用とは車検を代行するための人件費です。単に車検を代行する費用なので本来ならば安ければ安いほど良い項目です。ただ車検基本料金が安いというだけでは早計です。次にお話する整備費用も含めて車検はあくまで総額で考えましょう。

 

整備費用とは

車検と点検が違うことは今までお話しました。24ヶ月点検を実施して故障箇所や部品の交換が必要ならば整備します。それが整備費用になります。この整備費用は車検業者によってかなり変わってきますから一番注意が必要な項目です。

 整備費用とは部品代や工賃のことです。整備費用こそ業者にとって一番の利益ポイントです。また、不安に煽られて必要ない整備費用までかかってくることもあります。しっかりと見極めをしたいポイントです。

 

冒頭でご説明したとおり、言われるがままにならないでください。見積書に目を通しましょう。1社では分かりません。何社か見積もりを取れば丁寧に聞いていないことまで教えてくれる担当者に出会えるはずです。整備や部品の役割などに知識がつけば次の車検のときにもその知識は使えます。

交換のタイミングや扱う部品によって大きく部品代がかわってきます。

 タイヤの溝と24ヶ月点検の交換の提案される劣化度合いは違います。これは今までにお伝えしたとおり、車検と整備ではそもそもの目的が違うからです。

ポイントはタイヤ交換の提案を受けたら、一度ネットでタイヤの価格を調べて見ましょう。タイヤの型番は見積書に記載があるはずです。ここでかなり大きな差額があることに気が付きます。
タイヤの通販で安いだけでなく便利なのはオートウェイです。

オートウェイが便利なのは、タイヤの組み換えに関しても、家の近所のタイヤショップで交換できるように手配の手順もあります。タイヤも自宅に送らなくても工場に直送出来るようになっています。ネットから予約した近所のタイヤ取り付けショップにあとは行くだけです。廃タイヤも処分してくれます。

タイヤが安いAUTOWAY(オートウェイ)の公式ページはコチラから

スリップサインと車検の関係についても別記事にしています。お時間あればどうぞ

 

1つの部品にも純正品や社外品、中古部品などがあります。社外品は新品でありながら価格が安く抑えられています。社外品が安全性に問題あるということはありません。ディラーで扱う部品は基本的に純正部品となり部品自体が高いケースがほとんどです。

または中古部品という選択肢もあります。もうそれほど長く乗らないのであれば中古部品で十分かもしれません。中古部品を探してくれる整備工場もあります。

また、個人であってもヤフオクやメルカリなどで自動車の中古部品はたくさん出品されています。これらを工場に持ち込んで交換してくれる工場もたくさんあります。

 見積もりを見比べる時は同じ部品がどれくらいの差額になっているかを見極めましょう。また中古部品や社外品の取扱がないか確認してみてください。

 

 

続いて工賃です。

熟練した知識のある整備士が高い工賃とは限りません。

ディラーの工賃設定は他の整備工場と比べて高いケースがほとんどです。
工賃で大きな整備代金の差が出ます。そのお店で決められている工賃が見積もりに計上されるだけです。

最終的にディラーで車検を出すと決めている方も部品の交換の必要性や、部品代など整備代金にはしっかりと目を向けてください。手っ取り早いのが、一度他の車検業者の見積もりをとっておけばその違いが一目瞭然です。

 車検費用と大きなくくりで見積もりを見るのではなく、その内訳を確認してください。内訳を比較することで、安くするポイントがたくさん出てきます。だから事前見積もりとそれの説明が大切なのです。

部品の交換の時も、部品代をネットで調べてみましょう。先程のタイヤなどは数万円は簡単に安くなります。

タイヤが安いAUTOWAY(オートウェイ)の公式ページはコチラから

数社の見積もりがあれば部品の交換の必要性や費用が理解しやすくなります。過剰な整備で車検費用が高くなりタントの買い替えを検討せざる得なくなるかも知れません。これからも、タントにしばらく乗るならばきちんと見積もりを検討しましょう。

タントの車検でオートバックス車検は安心

ここまで車検の内訳を通して車検を安くする方法について説明してきました。

知識をつけて整備のことを整備士と対等に質問できるようになるまではサポートがしっかりした業者を選びたいものです。

 

その中でも安く車検を行うならオートバックスの車検は安心しておすすめ出来ます。

 ・一級自動車整備士29名 二級自動車整備士2,466名 自動車検査員1,469名 ・整備保証がある。
・部品も社外パーツが豊富
・車検基本料金が相場より安い 13,000円 只今キャンペンで2,200ポイントがもらえます。事前割引で更に5,000円引きの店舗もある
・クレジットカードやローンが使える。(法定費用は除く)
・全国に店舗がある。
・安心3つ星補償が魅力的
・代車の用意もある(店舗による)

 

 

オートバックス車検の見積もり画面

お住まいの地域の郵便番号を入力。

「車検ができる店舗を探す」をクリック

タント ⾞検費用

出典:オートバックス車検

 

 

近くのオートバックスが一覧ででてきます。

よく見ると車検の参考価格と一緒に更に値引きの店舗もありますね。

タント ⾞検費用

出典:オートバックス車検

 

 

「見積もりの申込みをする」をクリック

タント ⾞検費用

出典:オートバックス車検

 

 

更に早期予約で割引があります。

タント ⾞検費用

出典:オートバックス車検

 

ここで楽天IDを入力します。

もし楽天IDをがなければこの際新規でとってしまいましょう。

タント ⾞検費用

出典:オートバックス車検

 

タントの⾞検費用が高額だった場合の最後の判断

これまでタントの車検費用を安く安心して通すかをお伝えしてきました。

車検費用を安くするまとめ
・車検は内訳を知った上で必ず総額で考える。
・まずは車検基本料金は安いほうがいいが、飛びつかない。
・整備代金が肝。部品代と工賃をしっかり検討する。

このようなお話をしてきました。

とは言っても、必要な消耗部品や故障箇所は修理しなくていけません。

現状のタントの走行距離や使用頻度などによって大きく代わってくるので、今までお話した方法を試していただいても車検費用が予算オーバーもあり得ます。

その際は車の買い替えの検討も同時に検討することも有効な方法です。

 

気持ち的にも車検費用を交渉するときに、なんとしてでも車検を通すとなると気持ちが落ち着かない状態になります。

あまり高かったら見つけておいた車検付きの中古車に乗り換えようと気軽な気持ちになれます。

 

整備してあと2年は乗り通すのもいいですし、タントを高い価格で売却して車検付きで保証付きの中古車を購入するのも方法です。

中古車を購入する場合は保証付きが安心です。ズバット車販売をおすすめします。

ズバット車販売はコチラから

タントの⾞検費用のまとめ

いかがでしたか?

少し長くなってしまいました。
今回はタントの⾞検費用を少しでも安くする方法についてお話してきました。

車検は自動車業界にとって新車販売と同様に大きな利益を安定的に生み出せる商品であることを忘れないでください。

 

 

自動車にとても詳しいお客様より「整備のこと全く分からないのでお任せで!!」と言ってくれるお客様が何より大切です。

特に整備代金については見積もりとにらめっこして、無駄な過剰整備や部品を使わないことが大切です。

 

2年毎にこれからも車検や買い替えとは向き合っていかなければいけません。
家計を考える時も数百円の節約を考えるよりもこういった車検などでは数万円の差は簡単に出てしまします。

業者に丸投げするのではなく少しの手間をかけてみることで成果は出るはずです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。

車検は高額な買い物です。
少しの手間をかけて
比較検討してみて下さい。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

スポンサーリンク