未使用車は新車とほとんど変わらないコンディションなのに1度登録されたというだけで安く購入できます。新車を購入しようと考えていた方も、値引きが思うように出なかったから未使用車にしようか考えているかもしれません。未使用車の諸費用は普通の新車購入と違いがあるのでしょうか。それとも未使用車の諸費用も新車と同様なのでしょうか。
今回は未使用車の諸費用は新車とどの様に違うのか、また実際に未使用車の安い車両価格につられて諸費用が高かったなんて話も調べてみました。
これから未使用車を購入しようとされる方の参考に慣れたら幸いです。

購入しようと検討してる未使用車は諸費用を含めて本当にお得ですか?
前もって新車の見積もりと比べてみてはいかがでしょうか。


 

そもそも未使用車とは?

以前は新古車という呼び方をされていました。新古車ですと購入する方が意味を理解しきれない可能性があることから今では未使用車と呼ばれるようになっています。新古車と未使用車は同様の意味ですので特に違いはありません。未使用車とはどの様な車でしょうか。名前の通り使用されていない車になります。新車との違いは一度登録されたか否かの差でしかありません。例えば販売台数の足りないディラーが自動車メーカーの販売奨励金が増加する台数のバーがある場合、後2台売れたら奨励金が増えることが分かっていれば自社で新車を購入しディラー名義で登録します。その車はまだ使っていない車両で保管されているだけなので走行距離もほぼゼロに等しい状態です。それ以外にも何かしらの特別な理由で登録までしたがキャンセルになった車両もこの様に未使用車となります。中古車市場の相場ではワンオーナー車は価値が高くなります。しかし登録されてしまうとそれはワンオーナー車とは呼ばれないので、中古市場での価値が下がります。そのために新古車、今の未使用車は新車に比べて安くなるのです。

 

未使用車と新車の諸費用の違い

未使用車でも新車と同様に諸費用がかかってくる場合と基本的にかからない場合があります。未使用車の諸費用は下記の通りです。

スポンサーリンク

法定で決まっている税金などの費用

自動車取得税
自動車取得税は自動車を取得した時にかかる税金です。市場価値50万以上の新車、中古車に関わらずかかってきます。今回の未使用車の場合に問題になるのがエコカー減税です。エコカー減税は新車を購入する際に自動車取得税を減税する制度です。今回の様に未使用車は新車ではありません。そのため新車購入にはかからなかった自動車取得税を払うことになります。

重量税
重量税は新車の時と後は車検時に払う必要のある税金です。車の重量によって税額が決まってきます。未使用車の場合は新車の登録時点で重量税は支払い済みなので未使用車を購入する際は基本的に払う必要はありません。ただ、販売店によっては諸費用に記載があるケースもあります。

自動車税
本来は4月1日の時点の所有者にかかる地方税です。排気量によって変わってきます。新車の場合は所有した月から年度末までの自動車税を払います。未使用車などの中古車は既に自動車税は納付済みです。ただ、納付済みであっても未経過分の自動車税を負担することが多いです。

軽自動車税
先程お話した自動車税とは違い、軽自動車税は4月1日の所有者にだけにかかる税金です。つまり4月2日に所有を開始したとしてもその年の軽自動車税はかかってきません。未使用車の場合は自動車税と違って未経過分の軽自動車税が見積もりに計上されることはありません。ただし販売店によるところもあります。

自賠責
車を運行するには必ず入らなければいけない強制保険です。新車は購入時に払済です。よって未使用車も払済なので改めて払う必要はありません。ただ、これもお店によっては見積もりに計上されることもあります。

自動車リサイクル預託金
自動車をリサイクルする際にかかる費用を前もってあずけている費用です。この費用は現所有者が払うべき費用です。未使用車も見積もりに計上されます。

スポンサーリンク

法律で決まっているわけではない名義変更などの代行費用

登録代行
未使用車は元々ディーラーなどの前所有者の名義になっています。未使用車を購入すれば新しく車の名義を変更しなくてはいけません。新しい所有者の居住地の管轄する陸運支局に申請します。もちろん自分で行うことは可能です。販売店に代行をお願いすると2万円から3万程度の費用がかかります。自分で行えば印紙代の500円だけです。

新車保証継承費用
新車を買うと車の保証がついてきます。一般保証と主要部品の保証である特別保証です。これは保証書に名前がある方限定の保証になります。その保証を引き継ぎたいときには新車保証継承の費用がかかってきます。代行はしてもらわなくても自分でディラーに持ち込んで手続き可能です。自分で持ち込んだ場合であっても12ヶ月点検を受ける必要があり点検費用が2万円程度かかってきます。出来る限り保証継承しておいたほうが安心です。

納車
自宅まで購入した自動車を運んでもらう費用です。新車も未使用車も同様ですが自分で取りに行けばかかりません。

車庫証明
名義変更に必要な駐車場の確保を証明する為に警察署にて交付してもらう費用です。自分でもできますが、代行してもらうと2万円ぐらいの費用になります。

この様に未使用車の諸費用も新車と同様にかかります。また未使用車だから高くなるエコカー減税などもあります。一番注意しなくてはならないのが上記に記載のない意味のわからない諸費用です。もし見積もりを確認した際に意味のわからない諸費用の項目があればお店に聞いてみて下さい。もし必要ないものであれbあ外してもらえるか相談してみましょう。未使用車は一般的にあまり多く出回らず、ディラーなどの知り合いから直接中古販売店に回ってくることもあるそうです。未使用車のやすい魅力に諸費用を高く上乗せして販売してる中古販売店もあると聞きます。見積書は必ず項目ごとに詳しく確認しましょう。

未使用車のデメリットも理解しておきましょう。
未使用車であれば新車と違って自分の好きなボディーカラーやオプションを選ぶことができません。特にメーカーオプションは新車時にしか取り付け不可能です。未使用車のデメリットになってくる点です。それ以外にも、未使用車といえば既に登録が済んでおり車検期間は経過しています。次の車検までの期間が新車よりも確実に短くなっています。また売却時には新車と比べてワンオーナー車でないことが査定に響きます。ワンオーナー車は新車から1人の登録したオーナーが大切に乗っていたイメージが有り中古市場でも人気があります。未使用車は売却時に新車に比べて不利になります。

 

未使用車の諸費用についてのまとめ

いかがでしたか?
今回は未使用車の諸費用について調べてみました。未使用車は新車と変わらないコンディションで新車よりも安く手に入ることがメリットです。ただ、今までお話したように諸費用の項目をしっかり確認しないと新車と変わらない価格になってしまっている可能性もあります。そうなると売却時に査定が安くなるなどのデメリットだけが残ることになります。
未使用車の見積もりをもらったらできたら新車の見積もりも改めて手に入れて本当に未使用車がお得になるのか確認することをおすすめします。もし新車の見積もりをとるのであれば近くのディラーでも取ることができますが、しっかりと値引きの交渉なしでは高めの見積もりが出てきてしまいます。そうなると未使用車との比較ができません。できれば新車の一括見積で一番安い見積書と下さい。もし諸費用を含めて新車とさほど変わらないのであれば先程お話した保証継承や売却時の査定などを考えると新車の方がいいかもしれません。
新車一括見積もりならばオートックワンがおすすめです。webから簡単にできて、入力は最短で60秒で新車見積もりが出来ます。加盟ディラーも4,000店舗あり、月間の新車見積もり件数が65,000件と実績もあります。未使用車を買う前に念のために新車の見積もりも取っておこうとお考えになる方がいらっしゃいましたら下記からどうぞ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク