ヤフオク 中古車 手続き

中古車を探していると個人売買でヤフオクを利用すると安く買えるんではないかと浮かんでくることもあると思います。

私は2回ほどヤフオクで中古車を購入したことがあります。

当時は、やはり個人売買のイメージは悪く、修復歴ありや故障車を騙して売っているなんて記事もたくさんあったので不安でした。

同時に個人売買で車を購入したらその後の手続きが大変なのかなと心配していました。

今回はヤフオクで中古車を購入した経験からその後の手続などのやり取りを確認してみたいと思います。

これからヤフオクで個人売買で車を購入しようかと検討されている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ヤフオクで中古車を買った時の手続き


ヤフオクで中古車を買うときにはコメント欄にその後のやり取りの詳細を記載している出品者もいます。

大切なのが車検があるかないかの部分です。

車検がなければその車両を移動させることもできません。

車検切れの車両をその場から陸運支局に直接移動する事は可能ですが仮ナンバーを取らなくてはいけません。

仮ナンバーを取るためには自賠責保険の加入が必要です。

そのため車検切れの車両は車検ありのと比べて一段面倒が多いです。

まずは車検ありの中古車の場合の手続きを確認してみます。

必要な手続きは名義変更のみです。

名義変更は新しい使用者つまり自分の居住地を管轄するエリアの陸運支局で行います。

特に自動車税の課金のポイントになる4月1日が近い時は正確に名義変更の期限を約束通りにしないと問題がおきます。

なぜなら4月1日の時点で車検証上で所有している名義あてに自動車税の請求が発送されるからです。

それ以外の日付の場合であっても個人売買においてこの名義変更はスムーズなやり取りのためにも急ぎで行う手続きです。

名義変更をきちんとしていただける前提での取引になるために、販売者に保証金を預けるような段取りもあります。

私の場合は3万円を先にあずけて期日通り名義変更をした車検証をFAXして保証金は無事に口座に振り込まれました。

販売者にとってもこのまま名義変更をズルズルしてもらえないとかなりのリスクを負うことになります。

また、名義変更をしてもらえない場合は盗難届を出すこともあるとのことでした。

車の名義変更はそれだけ大切な手続きです。

まずは、販売者から必要な書類を受け取ります。

具体的に必要な書類は車検証、譲渡証明書、印鑑登録証明書、実印が押してある委任状です。

ヤフオクには純粋に自分が使っていた車両を販売している方もいますが、多くは中古車を仕入れてきて何台もヤフオクの中で販売している出品者も多くいます。

その様な方であれば車両の受け渡し時にすべての書類を準備してくれているはずです。

自分で用意すべき書類は、自分の印鑑登録証明書と車庫証明書です。

印鑑登録証明書は自分の済む市区町村の役所にて発行されます。

初めて印鑑証明書を取る時は印鑑の登録も必要なので役所には印鑑も持参して下さい。

車庫証明は警察署で発行してもらえます。ただこの車庫証明を取ることは少し手間がかかります。

スポンサーリンク

車庫証明を取るために準備すべき書類


賃貸で駐車場を借りている場合は、不動産会社か管理会社から駐車場として使っていい許可をもらってますよという書類が必要です。

「自動車保管場所証明申請書」と「保管場所標章交付申請書」になります。

ダウンロードすると2枚になりますが、警察署窓口で受け取る場合は2枚1組の複写式になっています。

書類と記載例はダウンロードは下記から出来ます。

自動車保管場所証明申請書(別記様式第1号) 申請様式(PDF形式:91KB)  記載例

保管場所標章交付申請書(別記様式第3号) 申請様式(PDF形式:53KB)  記載例

自分の所有する土地に駐車する場合は他に自認書の提出が必要になります。
自認書 申請様式(PDF形式:9KB) 記載例(PDF形式:346KB)

保管場所として認められるのは下記の4項目を満たしている必要があります。

駐車場、車庫、空き地等道路以外の場所であること。

使用の本拠の位置から2キロメートルを超えないこと。

自動車が通行できる道路から、支障なく出入させ、かつ、自動車の全体を収容できること。

保管場所として使用できる権原を有していること。

最後に保管場所に位置を説明する書類です。現在はgooglemapのプリントアウトを貼り付けて駐車場の位置に印をつければ大丈夫です。

保管場所の所在図・配置図  申請様式(PDF形式:9KB) 記載例(PDF形式:113KB)

この書類をもって最寄りの警察署に出むき提出すると翌々日には車庫証明書が発行されます。

警察署のの受付時間と印紙代は以下のとおりです。

受付時間
午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始12月29日から1月3日までを除く。)

申請手数料
2,100円

交付
申請から3から7日間を要します。

窓口に「納入通知書兼領収書」を提示してください。

標章交付手数料
500円

次の書類と標章が交付されます。

自動車保管場所証明書(車庫証明書)

(自動車の登録のため運輸支局へ提出する書類です。)

保管場所標章番号通知書(大切に保管してください。)

保管場所標章(車の後部ガラス等に貼ってください。)

これで名義変更で必要な書類は整ったので管轄する陸運支局にいけば手続きが出来ます。

最初陸運支局に行くと建物がいくつもありどの様に手続を進めてよいか迷います。

陸運局の係員の方が丁寧に教えてくれますので不安に感じることはありません。

ただ時間にゆとりを持っていったほうが安心です。実際にかかる時間は30分程度です。

陸運支局の登録申請の受付時間

登録申請受付時間 8:45~11:45 13:00~16:00

※登録・検査申請受付時間は、土・日・祝日・12月29日から1月3日を除く平日の以下の時間

スポンサーリンク

ヤフオクで中古車を買った時は面倒な手続きはあるのか:まとめ


いかがでしたか?

ヤフオクで購入した際の手続きは中古車販売店で購入した時と変わりません。

ただ、中古車販売店ではこの手続をすべて代行してもらうことも出来ます。

車庫証明と名義変更で3万程度です。大した面倒もないのでせっかく安く買った中古車なので自分でやっていまうのもいいですね。

ヤフオクでの中古車購入には先にお話しましたが、故障や整備状況への不安はつきまといます。

その分のメリットが安く手に入ることです。

もし、少しの金額で保証がある中古車が手に入ればヤフオクで無理に購入するより安心感があるかもしれません。

ヤフオクで購入を決めてしまった方は次の機会になります。

その中古車探しを無料でプロに手伝ってもらいませんか?

そのサービスはズバット車販売といいます。

保証も最長10年ついてますし、返品もOKとなっています。

一般的に素人が目にする中古車は中古販売店が掲載している広告になります。

ズバット車販売では広告にはまだ出ていない非公開情報からもプロが中古車の提案をしてくれます。

もちろん費用もかかりませんしご希望の中古車の提案がなければ断ってご自身で探すことも出来ます。

もしかしたらヤフオクより安心の中古車があるかもしれません。

下にリンクを張っておきますのでご興味がある方は確認してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク